【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)14.04

 
th_IMG_4118.jpg

立命館大学は、大阪府茨木市にあった
サッポロビール大阪工場跡、約12万平米の敷地を
約190億円で取得し、立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)の建設を進めています。敷地内に整備される防災公園を除く新キャンパスの広さは約9.9万平米で、経営学部・研究科、政策科学部・研究科、経営管理研究化、テクノロジー・マネジメントを移転させる計画です。立命館大学のキャンパスは京都・衣笠キャンパスが広さ12.6万m2、滋賀・びわこ・くさつキャンパスが61.1万m2で、大阪茨木新キャンパス(約9.9万平米)はそれらに次ぐ規模となります。開校予定は2015年4月の開校です。



th_IMG_4156.jpg


新キャンパスに建設されている学舎の様子です。学舎は敷地の北側に配置されておりJR茨木駅からのアクセスが考慮されています。また、敷地の北東側に防災公園、南側はグラウンドになります。新キャンパスは大阪モノレール宇野辺駅、阪急京都線南茨木駅、JR京都線茨木駅に囲まれた立地で、どの駅からもそれなりの距離があります。茨木市は、立命館大学大阪茨木新キャンパスの開校に合わせて、JR茨木駅から歩行者専用道路を整備する予定です。











th_IMG_4150.jpg


北側の学舎(写真左)と南側のスポーツゾーン(写真右)の様子です。











th_IMG_4160.jpg 



北側の学舎と南側のスポーツゾーンとの間にある、連絡通路の様子です。













th_IMG_4127.jpg


学舎の壁面には竹中工務店が開発した「波形鋼板耐震壁」が取り付けられています。











th_IMG_4120.jpg



敷地の南側の様子です。この辺りはすポーツゾーンにゾーニングされており手前の敷地はグラウンドになります。また、グランドの奥は将来の拡張に備えたリザーブスペースとなっています。








th_IMG_4105.jpg



最後は中央環状線側から見た、立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)の様子です。立命館大学大阪茨木新キャンパスの学生数は数千人規模になる為、周囲に与える経済的なインパクトは相当なものでしょうね。JR京都線や大阪モノレールの利用客増化にもつながりそうです。



2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。