【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)は倉庫用ロボット「Amazon Robotics」を採用したハイテク物流拠点!


米アマゾン・ドット・コムは2018年6月11日、倉庫用ロボット「Amazon Robotics」を採用した物流拠点を大阪府茨木市に設置すると発表しました。2018年9月の開業を予定する。Amazon Roboticsを採用した物流拠点は国内では2箇所目となります。

【出典元】
Amazon
新たな物流拠点「アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)」を開業

 

アマゾン茨木FC
名 称: アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)
所在地: 大阪府茨木市松下町2-1
延床面積: 19,300坪 (約64,000㎡)
稼動予定日: 20189

 

 

 


出典:Ian MacLellan / The Seattle Times

Amazon Robotics」は、商品棚の下にロボットが入り、棚を持ち上げ、FC内を移動する革新的なテクノロジーです。ロボットが 商品棚を作業員の前まで運ぶことにより作業員が歩く必要がなくなることで、入荷した商品の棚入れ時間と、注文商品の棚出し時間の削減につながります。巨大なルンバの様なロボットがズラリと並んだ後継は圧巻ですね。

3 Comments

匿名

以前このロボットが動き回っている映像を見たことがあるんですけど、空間の使い方がもったいないと思いました。

もっと立体的にできんのかな。

返信する
ぽり

非正規社員さん達が疲れきってAmazonバスに乗り降りする姿を見ると、蟹工船ぽくて、安易にポチッとボタンを押せない自分がいます。

返信する
アリー my dear

えっ・・・住所の松下町って、もしかしてかつて松下電器(のちのパナソニック)の工場があった場所ですか!?
まったく知りませんでしたが、これはすごいですね٩(^‿^)۶!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。