【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

京都四條南座の耐震工事は2018年10月で完了!11月、新開場のお披露目となる「吉例顔見世興行」は2カ月の大興行!

出典:松竹株式会社ニュースリリースより

松竹株式会社 は、2018年2月8日付けのニュースリリースで、現在休館中の京都四條南座が、2018年11月に開場することを発表しました!2016年2月より休館し、2年にわたり進められてきた南座の耐震補強をはじめとする大規模修繕改修工事計画は今年の10月末頃に完了、11月からいよいよ南座が復活します。

【出典元】
南座、11月新開場

※アリー my dearさん、ぽりさんから情報を頂きました、ありがとうございました!

 

南座の歴史を受け継ぎ、安全な劇場へ

 

今回の大規模修繕改修工事は「南座の伝統を保存、修復し、次の時代へ継承、発展させていく」というコンセプトのもと、「よき伝統、趣きを守る」「より安全で安心な劇場をつくる」「新たなニーズに応えられる劇場にする」ことを目指して行われました。南座は、国の登録有形文化財であり、京都市の歴史的意匠建造物に指定されている外観や内部の価値を維持し、昭和初期の名建築といわれる南座の建物の魅力を守りながら、耐震性の向上を図って安全安心な劇場へと生まれ変わる事になりました。

 

 

場内を「完全スケルトン化」。館内を3Dデータで記録、伝統を再生

 

南座の大規模修繕改修工事は非常に大規模な工事になりました。大屋根は軽量瓦に葺き替え、大天井に約4,500ピースの鉄骨を加えるとともに、205カ所に補強の耐震壁をつくることで、耐震性と強度を高められました。場内は、耐震補強工事の前に「完全スケルトン化」され工事を実施。工事前に取得した3Dデータを元に、特徴的な場内の折り上げ格天井、舞台上方の破風など、館内の歴史ある意匠を修復、再生を図るなど、最新テクノロジーを駆使し、伝統的な意匠を再現する取り組みが行われました。

 

 

 



 

 

 

 

 

新開場する南座は「ナイトエンタテインメント」に本腰

 


今年11月に新開場する事が決まった南座。南座発祥から400年の今年、「出雲の阿国から始まった、面白く“かぶく”精神を持ったエンタテインメントを、南座から発信していきたい」と続け、従来の歌舞伎をはじめとした公演に加え、「京都の観光客、インバウンドへの新しいエンタテインメントを構築し、挑戦していきたい」。さらに興味深い取り組みも。


新しいエンタテインメントとして特に、さまざまな協力、提携を探りながら、「ナイトエンタテインメントに本腰を入れてやっていきたい」と迫本社長。挑戦を含めたいくつかの段階を経て、「南座に行けば夜のエンタテインメントがある」というところを目指します。「京都の伝統文化を担う方々の意見もとり入れながら、南座の発信したものが、京都へ、そして海外へと広がるようにしたい」
出典:歌舞伎美人より

インバウンド需要に湧く京都市内はナイトライフが楽しい街ですが、南座は積極的に「夜の需要」を取りに行く様ですね。ようやく新開場の予定が発表された「南座」。11月は大きな話題になる事間違い無しですね。

 

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。