【再都市化ナレッジデータベース】

ルーカス・ナラティブ・アート美術館、ロサンゼルスに2022年完成予定


フォースはロサンゼルスにあります。2022年にロアメリカ・ロサンゼルスのダウンタウンにあるエクスポジションパークにオープンする予定の10億ドルのルーカス・ナラティブ・アート美術館の建設が始まりました  。MADアーキテクツのMa Yansongによって設計され、30万平方フィートのルーカスミュージアムは「世界で最も想像力に富んだ包括的な美術館」の1つであり、すべてのアンジェレノスとカリフォルニアの人々が自分たち自身のものと呼ぶことを誇りに思っている世界的なランドマークです。

【出展元】
https://lucasmuseum.org/

 

 

美術館の上部には緑に満ちた大きなテラスがあり、MADは「街の上に浮かぶ別世界の雲」と表現しています。29万平方フィート(約2万7,000平方メートル)の内部では、物語性のあるアートを称えるための展示が回転式に行われます。ジャー・ジャー・ビンクスから紀元前520年までさかのぼる実際の壺まで、イラスト、コミック、絵画、写真、さらにはZaha Hadid ArchitectsやUN Studioなどの建築物のレンダリングまで、さまざまな作品が展示されています。

 

 

 

2014年に美術館のデザインに選ばれたMADは、15億ドルの計画に3つのユニークなデザインを提供しました。当初は2014年にシカゴでMADがデザインした計画を発表していましたが、ルーカスは公共の湖岸に私設の博物館を配置することへの懸念から計画を放棄しました。2016年、MADはロサンゼルスとサンフランシスコの2カ所で同様の案を発表し、2017年にはロサンゼルスの案が最終的に承認されました。

起工式でルーカス氏は、この困難な道のりに言及し、次のように述べています。”私は熱心な建築ファンであり、それ自体が芸術作品である特別な美術館が欲しかったのですが、MADはそれを3回も実現しています。”

 

 

 

 

 



美術館は、ギャラリースペース、映画館、図書館、カフェ、レストランで構成されており、建築物の上に周囲の緑を取り込んだ広大な景観の屋上があります。5階建てのこの美術館は、アメリカの映画監督ジョージ・ルーカスの個人的なプロジェクトで、スターウォーズはもちろん、その他映画に関連した美術品や映画の記念品など、1万点以上の物語性のある美術品の包括的なコレクションを収蔵する予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です