MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

Powerhouse Parramatta-シドニー近郊のパラマタにオペラハウス以来最大の大規模な芸術・文化プロジェクトが始動


Moreau Kusunoki / Genton

オーストラリアのシドニー近郊のパラマタ川のほとりに計画されている「Powerhouse Parramatta」の国際設計コンペが2019年11月に行われ、Moreau KusunokiGentonの共同設計案が勝利を収めました。

Powerhouse Parramattaの設計案は、細やかな格子状の外骨格構造が特徴的で、外部から展示やコレクションを見ることができ、館内からは街と川の壮観な景色を提供します。鋼鉄製の格子は建設効率を高めつつ、重量とCO2排出量を最小限に抑え、ファサードパターンが各層で変化します。最上階の格子には構造用木材を使用することで、「Powerhouse」が空に溶け込んでいく印象を与えます。

 

 

 

 


Moreau Kusunoki / Genton

新しいパワーハウス・ミュージアム パラマタは、シドニーオペラハウス以来最大の大規模な芸術・文化プロジェクトです。オーストラリアで最も急速に成長し、多様性に富んだ地域の一つに位置するこの博物館は、パラマタ川のほとりに位置しており、24時間営業の芸術・文化地区の中心的存在となります。

この施設は世界的なランドマークとなることを目指しており、特徴的な建築物となることが期待されています。新しい博物館は、国際的に重要なMAASのコレクションが展示され、応用芸術と科学美術館が新たに創設されます。MAASのコレクションは、19世紀に設立された応用芸術科学博物館(Museum of Applied Arts and Sciences)にちなんで名付けられ、現在はシドニーのCBDにあるウルティモ(Ultimo)のパワーハウス・ミュージアム(Powerhouse Museum)で展示されています。

 

 

 


Moreau Kusunoki / Genton

新しいパワーハウスは、オーストラリア初のSTEAM(科学、技術、工学、芸術、数学)に特化した学習スペースを提供します。その中心となるのは、50万点を超えるコレクションの中から、ストーリーを語り、コミュニティを巻き込み、生涯学習を促進するために応用された50万点以上のオブジェのセレクションです。新しいキュレーション戦略では、あらゆる年齢層や背景を持つ人々の交流を促進し、インスピレーションを与え、結びつける、統合された没入型のプログラムに焦点を当てています。

 

 

 


Moreau Kusunoki / Genton

新しいパワーハウスには、60の創造的な居住用スタジオが含まれていることで、オーストラリア国内はもとより、世界中から一流の研究者、科学者、創造性豊かな人々が集まり、ニューサウスウェールズ州全域の学生がパワーハウスのプログラムにアクセスする機会が増えることになります。どこか和のテイストを感じさせる、シドニーの新たな芸術拠点は今後注目を集めそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です