【お知らせ】コメント投稿はハンドルネーム・メールアドレス必須となりました。コテハンに「匿名」「匿名A」等の使用は禁止しています

「ミ・ナーラ 」閉店したイトーヨーカ堂奈良店を再生する観光型複合商業施設は4月24日に開業!



閉店したイトーヨーカ堂奈良店を再生する観光型複合商業施設、奈良平城プラザ「ミ・ナーラ」が2018年4月24日に開業する事が明らかになりました。「ミ・ナーラ」は、2017年9月に閉店したイトーヨーカ堂奈良店を再生リニューアルして誕生する、観光型複合商業施設です。金魚ミュージアム、侍・忍者のテーマパーク、簡易宿泊所など約100店舗のテナントが入居します。

施設名称の「ミ・ナーラ」には「美しいなら」「観る奈良」「実りあるなら」味わうなら」「未来の奈良」「皆で奈良を盛り上げましょう」など6つの「ミ」が込められています。

【出典元】
奈良平城プラザ「ミ・ナーラ」公式HP

 

 

 


ミ・ナーラは地上5階建て、一部7階で、各階の売り場面積は約6600㎡の規模。1階には食品スーパーの「KOHYO」やフードコート(10店舗)、3階には子供向けのメリーゴーラウンドや保育園が入居。4階には忍者ショーの要素を取り入れたテーマパークがオープン、屋上にビアガーデン、円盤を思わせる外観の7階部分にはキャビン型の簡易宿泊施設が設けられます。

運営会社は、商業コンサルタント会社「やまき」。同社は、複合商業施設・ショッピングセンターをリニューアル・リボーンを行う商業コンサルティング会社で、いせはらcoma、ROKU、旧大宮ロフト、旧キンカ堂池袋本館、入間アイポットなどをリニューアル、再生させた実績があります。

 

 

 

 

 


同社は、奈良そごう、ヨーカドーと2度の閉店の原因を追求し、低層階を地域密着型の商業施設とし売り場面積を圧縮、高層階は、奈良の強みである観光客向けのコンテツを配置する事としました。また広大な駐車場には観光バス発着所を整備し、修学旅行客の誘致を図るとしています。奈良ファミリーや、複数のイオンモールに取り囲まれ、駅からも遠い「ミ・ナーラ」がどの様な商業施設になるのか?興味深々です。

4 Comments

匿名

これは日本人より外国人に人気でそうですね!
特に侍と忍者のテーマパークは欧米人やアジア人を中心に有名になりそうです!
周辺の活性化にも繋がるといいですが……

ぽり

KOHYOだからイオンGが入居するけど最近撤退が多い。夜対応の時間を長くしないと市内は開いてないので観光客が滞在しないのでは?

再都市化大ファン

朱雀門だけじゃなくもっと広範囲に建物を復元できたら世界的な観光スポットになる!マリオットも近くにできるしこの施設にも好影響が出ると思う!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です