【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

【10月22日オープン】ナインアワーズ新大阪(9h ninehours 新大阪)、ニッケ(日本毛織)が参画するカプセルホテルが間もなくオープン!



新基軸のカプセルホテルを展開する、ナインアワーズは2018年10月22日に、ニッケ(日本毛織)とともに大阪府内初となる新店舗「ナインアワーズ新大阪」を開業します。ナインアワーズ新大阪の建築デザインは、建築家・平田晃久氏が担当し、独自の文化が発展した都市・大阪の街の景観に溶け込む巨大看板を有する外観を特長としています。新大阪駅の在来線ホームからよく見える立地で特徴的な外観は新たなランドマークとなりそうですね。

【出典元】
「ナインアワーズ新大阪」

 

 

 

 



ナインアワーズ新大阪の客室数は164室(男性76室/女性88室)。建物を覆う8台の看板はメイン構造と共にパイプを用いたサブ構造で支持され、新大阪駅ホームのどの位置からも見えるよう様々な角度で立体的に設置しホテルのイメージを街に発信。外観はガラスが多用され自然光が取り込まれる館内では、看板によって外部の視線から守られるとともに、看板の内側は映像が投影されるスクリーンとなっており、移り行く大画面の映像と新幹線や飛行機が通り過ぎる風景の両方を体感できます。

 

 

 

 

「シャワー」+「睡眠」+「身支度」に特価した上質なカプセルホテル

 


出展:公式HP ナインアワーズ赤坂

 

ナインアワーズは、都心における機能的かつ高品質なトランジットサービスという独自のカテゴリーを目指し、ホテル滞在中の「シャワー」+「睡眠」+「身支度」という3つの基本行動に特化。それぞれの機能性と品質を徹底追求する考えで開発されたカプセルホテルです。また、部屋という空間概念を捨てて身軽に使いこなすことで街とダイレクトにつながり、都心ならではの宿泊・トランジットスタイルを提案。このため宿泊に限らず、24時間利用者のスタイルに合わせ、仮眠やシャワーのみでも利用できる、としています。

 

 

 

 

 


出展:公式HP ナインアワーズ京都

 

ナインアワーズは、ハードからソフト、全てを一貫したクォリティでサービスを提供。それぞれに適切な価値を作り、高級感ではなく納得感のある新しい豊かさを創造すべく国内外で活躍するデザイナーと共に開発を続けています。ナインアワーズ新大阪は10月22日13時に開業します。

 

<施設概要>
所在地:大阪市東淀川区東中島1-19-9
アクセス:JR新大阪駅東口徒歩1分
営業時間:24時間・年中無休。
地上8階建
客室数:164室(男性76室/女性88室)
延床面積:992.56平方メートル(約300.25坪)
敷地面積:233.59平方メートル(約70.66坪)

<メニュー・システム>
宿泊4,900円~(チェックイン13:00~、チェックアウト翌10:00)
仮眠1,000円~(最初の1時間は1,000円、以降1時間毎に500円。利用可能時間13:00~21:00)
シャワー700円(チェックインから1時間以内に要チェックアウト)

6 Comments

頑張ろう大阪、頑張ろう関空

レトロな建築ばっかり集まっていたら、そこは単なる使いにくいビルばかりの古臭い街でしかないし、新陳代謝は大都市の宿命。常に変わる街の中で古いものが点在しスパイスみたいになってらいが丁度良いかなと。中之島なんかは理想的ですね。
この建築が道頓堀にあればとは私も思います。しかし新大阪にあっても当然いい。伊丹が近く背の高いビルを建築出来ない新大阪界隈であるならば『′小粒でもピリリと辛い山椒の身』的なこういう建築が街並みに刺激を与える。
いいと思います。

アリー my dear

たしかに三刀流さんの言われるように、道頓堀界隈にあっても風景に溶け込みそうなデザインではありますね(^。^)

三刀流

すごく独創的な建物ですね。これが道頓堀べりにでも建ったら、話題になること間違いなし。大阪はこんなユニークな構造物やレトロな名建築が多いんだけど、それがポツンポツンとあちこちに散らばっていて、街並みを形成しません。

アリー my dear

ユニークなカプセルホテルが登場ですね(^∇^)

匿名

もうご存知かもしれませんが、三井のリパーク南扇町が閉鎖されて駐車場設備の撤去工事をしていました。西沢学園の前のコインパーキングです。もしかしたら何か出来るかも?です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。