【再都市化ナレッジデータベース】

ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋がオープン!LEDビジョンで『エル』特製の広瀬すずさんイメージ動画を放映中!


日本で最大の広さを誇る新ショップ、ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋が2020年2月1日(土)にオープンしました。建物のファサードを手掛けたのは、これまでも国内外のストアを手がけてきた青木淳氏が担当。特徴的な外観デザインは、かつて海の街であった大阪の歴史を彷彿させる菱垣廻船から着想を得て、旅する喜びを体現した、帆を立てた船のような外観となりました。

内装は、ニューヨークを拠点とする世界的建築家ピーター・マリノ氏がデザイン。最上階の7階には、SUGALABOのオーナーシェフ・須賀洋介氏が手掛けるルイ・ヴィトン初のカフェ「LE CAFE V(ル・カフェ・ヴィー)」がオープンしました。

 

ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 日本最大店舗で世界初のカフェ&レストランを併設【2月1日オープン】



 

 

ショーウィンドウは、外装デザインのモチーフになった「菱垣廻船」にはらんだ「風」が表現されています。

 

 

 

それでは店内を見て・・・・。え、なんなん、この行列は・・・!?!?

ヴィトンに入るのに約1時間待ち??

心が折れて今回は撤退しました。落ち着いた頃にまた来ます・・・。

 

 

 

 

仕方がないので、梅田と道頓堀の2カ所で放映中の『エル』特製の広瀬すずさんイメージ動画を見に行く事にしました。こちらはツタヤエビスバシ ヒットビジョンの様子です。

 

 

 

ツタヤエビスバシ ヒットビジョンは、屋上部(幅18,6高さ10.2m)と壁面(幅15.4m、高さ17.3m)の2面構成の巨大LEDビジョンで、総面積は約455㎡もあります。特製ムービーも凄い迫力でした。

 

道頓堀に登場した日本最大級の大型ビジョン「ツタヤエビスバシ・ヒットビジョン」は画像が超鮮明でド迫力!



 

 

 

こちらはギネス認定!地下空間世界最大のLEDビジョン「梅田メトロビジョン」の様子です。全長40mの巨大ビジョンに道頓堀とは異なるムービーが流されていました。

 

ギネス認定!地下空間世界最大のLEDビジョン「Umeda Metro Vision」が放映開始!



 

 

換気塔の4K液晶サイネージとセットでルイ・ヴィトンが梅田駅をジャックしていました!

1 COMMENT

JUNK

どちらの映像も新店舗オープンの文字はほんの一瞬しか映らない所が、逆にブランドイメージの高さというか単なる宣伝広告ではなくコンセプト映像のような印象を受けます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です