新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

みんなの森 ぎふメディアコスモス – Minna no Mori Gifu Media Cosmos(外観・1階)


みんなの森 ぎふメディアコスモス – Minna no Mori Gifu Media Cosmosは、岐阜県岐阜市にある「市立中央図書館」、市民活動交流センター」、「多文化交流プラザ」及び「展示ギャラリー」で構成された複合施設で2015718日開館しました。建築家の伊東豊雄氏が設計を担当したこの施設は、情報を求め、人が集う「知の拠点」として、図書館の枠組みを越えた様々な目的で人が集う、多目的滞在型のくつろぎ空間を目指しています。

 

みんなの森 ぎふメディアコスモス



 


 
 

現地の様子です。計画が発表された5年ほど前から行きたかった場所ですが、今回の大型連休を使い、ようやく取材する事が出来ました!

 

 


ぎふメディアコスモスの構造は鉄筋コンクリート構造・鉄骨構造・木造の混構造で、2階の床面までは鉄筋コンクリート造、2階の鉄骨マリオン柱と外周のT型柱で木造屋根を支持しています。壁面は鉄筋コンクリート耐震壁と鋼板耐震壁を併用しています。建築面積は7,363.84m2、延床面積は15,295.04m2。建物は東西90m・南北80m、地下1階・地上2階建て、高さ16.09m。ワンフロアが80m×90mという広さにもかかわらず、2階は壁のないワンルームとなっています。



 
 

外観の特徴は、金華山から続く山並みを想起させる、波打つような木造屋根。屋根の大きさは南北約80m・東西約90mで、幅12cm、長さ12m、厚さ2cmの細長いヒノキ板を正三角形に見えるように組んで造っています。



 
 

 

 



メインエントランス左側にはスターバックスコーヒーがあります。

 
 


金華橋通りに沿って、幅30m・長さ240mの遊歩道「せせらぎの並木 テニテオ」の様子です。石川幹子氏がランドスケープデザインを担当しました。



 
 

 

続いて館内を見て行きましょう!



 
 


1階正面エントランスから館内に入りました。中核施設の図書館は2階にあります。

 

 

 

 

 

 


エントランス付近から1階左奥を見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 


1階のフロアマップです。

 

 

 

 

 

 


総合案内などがある「インフォメーションウォール」の様子です。

 

 

 

 

 

 

 


ここのカウンター付近がメチャクチャオシャレでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


置かれているイスに至るまでデザインされています。

 

 

 

 

 

 

 


インフォメーションウォールから1階メインエントランス方向を見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 


1階の真ん中はガラスで囲まれた『蔵』があります。

 

 

 

 

 

 

 

 


『蔵』を見通した様子です。

 

 

 

 

 

 

 


 コインロッカーまで洒落てました・・・

 

 

 

 

 

 

 


次回はメディアコスモス最大の見所である「2階」の様子をご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です