【再都市化ナレッジデータベース】

モースゴー先史博物館(Moesgaard Museum, MOMU)は進化の階段内包 ヘニングラーセン



モースゴー先史博物館(Moesgaard Museum, MOMU)は、デンマークのオーフス郊外のホイビェルグにある考古学と民族学を専門とするデンマークの地方博物館です。、スコーデの牧歌的な田園風景の中にユニークに位置しするMOMUは、傾斜した草、苔、色鮮やかな野生の花の屋上景観を備えたこの建物は、海からも知覚できる強力な視覚的ランドマークです。

【出展元】
https://www.moesgaardmuseum.dk/
Moesgaard Museum

 

 

 



モースゴー先史博物館の傾斜した屋根は、草や苔で覆われており、歴史的環境の中で印象的なアイコンとなっています。夏の間、屋根は劇場の舞台、サイクリングトラック、バイキングマーケットとして使用されます。冬に雪が積もると急勾配の屋根がこの地域で最も人気のあるソリの斜面となります。博物館の多様な利用は設計者の期待をはるかに超えていました。

 

 

 



建物の外観は、景観からコンクリートの形で立ち上がるルーフラインが特徴的です。屋根の表面自体は、非常脱出経路としても機能するように設計された遊歩道のある芝生で覆われています。

 

 

 



美的で快適でエネルギー効率の高い建物の鍵は、建築とテクノロジーの相互作用にあります。ヘニングラーセンアーキテクツでは、エネルギー使用量の削減に主眼を置いて、持続可能性の概念を具体化しています。これは、エネルギーに焦点を当てることで、プロジェクトのあらゆる面で包括的な品質を生み出すことができるという信念を持って行われました。

 

 

 



博物館は先史時代からの招待状として、訪問者を招き入れ、展示ホールを探索します。建物の内部は、さまざまな段々畑の風景を連想させるように設計されており、考古学の発掘調査から発想を得て、徐々に歴史の層を発掘し、失われた文明を発掘しています。

 

 

 

 



訪問者は、時間と空間の旅行者のように、鮮やかな一連の展示と科学実験を進むことができます。この階段は進化の階段を連想させます。建物の中心はホワイエで、ここには屋外席のあるカフェもあります。ホワイエからは、テラスのある地下世界が屋上庭園からの光とオーフスベイの印象的な景色に続いています。

 

 

 



MOMUはオーフス大学の先史考古学・中世・ルネサンス考古学・人類学研究所と協力しており、博物館の考古学コレクションの主な部分はデンマーク起源のものです。さらに、民族誌的コレクションには、世界中から集められた約5万点の遺物が含まれており、これらは研究と展示の両方に使用されています。

 

 

 



展示ホールは、考古学的発掘の地層のような、秘密を明らかにするために開かれたテラスとして設計されています。モースガード博物館が新しい敷地に移転した後、訪問者の数は年間50万人以上に増加しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です