【再都市化ナレッジデータベース】

ザハ氏が手がけたThe opus(オーパスビル)に入るホテル、ME ドバイ by メリア(ME Dubai by Meliá)が未来過ぎる!

ME ドバイ by メリア(ME Dubai by Meliá)は、ブルジュ・ハリファ地区の象徴的な複合ビルthe opus(オーパスビル)にあるラグジュアリーホテルです。ビルとホテルの設計を手がけたのは建築家ザハ・ハディッド氏。四角いビルの真ん中にドーナツの様な穴がある、日本では有り得ないデザインの高層ビルです。カーブクイーン」の愛称で呼ばれたザハ・ハディッド氏は、ロンドンのオリンピック水泳センターやアゼルバイジャンのヘイダルアリエフセンターなど、大胆で流動的なデザインで世界中のスカイラインを変えた事で有名です。

【出展元】
ME Dubai
https://www.mebymelia.com/
https://www.booking.com/hotel/ae/me-dubai.ja.html

 

 

オーパスは有機的なフォルムが特徴的なドバイの新しいシンボルです。同じくザハ・ハディッドが設計したドバイの噴水から1.7kmのロケーションです。

 

 

 

 

オーパスビルは地上20階、地下7階、高さ93mで、平面は100m×67mの「中央にぽっかり空いた穴を削り出した立方体」と表現される不思議な形状をしています。The Opusの発注者であるOmniyatの会長兼CEOであるMahdi Amjad氏は「立体と空間、不透明と透明、インテリアとエクステリアのバランスを再発明する彫刻的な感性で表現している」と評しています。いろいろと凄いビルですね。

 

 

ME ドバイはザハ氏が世界で唯一内部・外部を設計したホテルですが内装はさらに凄いです。
松本零士的・・とい感じで未来が現実に振ってきた様にみえます。

 

 

 

 

曲線の使いかが凄い・・・。SF映画に出てくる未来都市が目の前に広がっています。

 

 

 

 

客室はロビーほどではありませんが、随所に曲線が見て取れます。

 

 

 

 

バスルームはSF映画そのものです。

 

 

 

 

曲線を多用した特注の家具で埋め尽くされています。

 

 

 

 

未来から振ってきたかの様なME ドバイ by メリア。生きているうちに一度は泊まってみたい凄いホテルです。

3 COMMENTS

うめきた2期でも一部に低層のビルも建てられるようですが、
このようなビルならよいように思います。
当然、マネではないオリジナリティのあるビルをお願いします。

SUEDA

外観は斬新で洗練されていますね。大阪にも欲しいと思わせるものがあります。
ただ内装については少し違う感想をもちました。
正直にいうとやや古臭い感じ。何を思い出すのだろうと考えてみたのですが、なぜか気分は昔の阪急三番街やロイヤルホテル、都ホテルといった老舗ホテルなんですよね。もちろん今から振り返ってではなく、ずいぶん昔そこに身をおいて、すごいなと感じたときの感覚なのですが。

サジャ

梅田スカイビルが建てられてから順調に進歩をすればこういうビルの一つや二つ、日本でも建てられていても不思議じゃないのですが、殆ど進歩らしい進歩が見られないのは残念ですね。
我々は分かりやすい数字に振り回され過ぎるのでしょうね。
もっと芸術的文化的な部分を大切にしなくては良い建築物は出来ないように思います。
あの新国立・・。私は好きでしたよ。
このご時世でひょっとしたら五輪は中止になるかもしれませんが、それでもあの建物が残ったら楽しかったのですけどね。(維持費は別にして)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です