新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)ー屋上庭園編



SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)は、熊本市中心部にあった「熊本交通センター」を含む桜町・花畑町一帯の市街地再開発事業により建設された複合施設です。敷地面積は3万266㎡、延べ床面積は約16万2440㎡、総事業費は777億円で三大都市圏以外では破格の規模と言える巨大開発です。

この施設は日本最大級のバスターミナル、商業施設、住宅、ホテル、MICE施設を組み合わせた、九州の交通と文化交流の一大拠点として整備されました。事業主は「九州産交ホールディングス」と「九州産交ランドマーク」の両社が出資した熊本桜町再開発準備株式会社で施設運営は『九州産交ランドマーク』が担当しています。

【出展元】
SAKURA MACHI Kumamotoについて
熊本都市計画 桜町地区第一種市街地再開発事業

 

SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)ー外観編



 

 

 

特集2回目は「屋上庭園編」。サクラマチクマモトは「食べる」、「買う」はもとより、「遊ぶ」、「学ぶ」、「体験する」など時間消費型の楽しみを提供する為居心地の良い「たまり空間」が設けられました。

 

屋上庭園の様子です。メチャクチャ広々としています。

 

 

 

 

屋上庭園は、水盤・噴水・水琴窟などの演出装置により、さまざまな水景を構成しています。

 

 

 

 

 

植えられた木々はまだ定着していない感じでした。数年後には本物の森の様になると思います。

 

 

 

 

バンケットの前には芝生広場がありました。

 

 

 

屋上庭園から見たホテルトラスティプレミア熊本の様子です。

 

 

 

 

積み重なったテラスを見下ろした様子です。

 

 

 

 

5階テラスから高さ4mの巨大「くまモン」が来訪者を出迎えるように手を広げて見下ろしてました!

2 COMMENTS

ぽり

屋上庭園マップ 右側
6月に屋上アスファルト防水工事中にアスファルト釜の過加熱により火災(6F)
マップ下側
一週間後の7月火気使用制限中にホール部分 機械、工具置場から火災(8F)
熊本大洋デパートの件もあったので冷や冷やしました。
屋上のシンダーコンクリートは意匠目地にすることで、仕上げなしで割り切っているようですが、夏場緑地部分だけで乗り切れるのでしょうか?

アクロス福岡というよりも横浜ベイクォーターの方が近いかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です