MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

JR九州が鹿児島中央駅西口に10階建て複合ビルを建設!【2023年春開業予定】



JR九州は、鹿児島中央駅西口地区の新たなランドマークとなる開発計画の概要を発表した。鹿児島の陸の玄関口「鹿児島中央駅」と直結した、地上10階建ての商業・オフィスビルと立体駐車場からなる複合施設をI期開発とし2023年春の開業を目指します。

 

【出展元】
鹿児島中央駅西口におけるまちづくりの概要について ~2023 年春 新たなランドマークが誕生します~

 


I期開発では、鹿児島市等が実施予定の道路整備計画と連携し、地域交通の課題解決や歩行者空間を整備。鹿児島の新たなランドマークとして、オフィスと商業施設からなる地上10階建の複合施設を開発します。

敷地面積は6,500m2、延床面積は25,400m2。オフィスは4階から10階で、オフィス賃貸面積13,500m2は、鹿児島エリア最大級となります。商業施設は1階から3階で、店舗面積は4,000m2240台を収容可能なビル直結の立体駐車場も備える他、BCP対策や、感染症対策、環境負荷軽減(脱炭素)対応、ICTの活用により鹿児島エリア最新鋭の施設を目指します。II期開発の詳細は現在関係機関と協議中で、定住人口の増加によるにぎわい創出を目指し、住居等の開発計画を検討していくとの事です。

 

 

 

 


※計画地付近の様子

JR鹿児島中央駅西口の周辺の再開発を巡っては、JR九州が2020年に複合ビルの開業を目指していましたが、隣接する県工業試験場跡地に県が総合体育館を整備する構想が持ち上がり、計画が見送られていました。

 

 

 

 



計画概要
所在地 : 鹿児島市武 1 丁目 2 番 1 号 他
延床面積 : 25,400m2
建物規模 : 地上10階建て
用 途 :
オフィス(4 階~10 階、賃貸面積 13,500 ㎡)
商業施設(1 階~3 階、店舗面積 4,000 ㎡)
立体駐車場 : 240台(ビル直結)

 

3 COMMENTS

鹿児島

ロングさん。鹿児島を取り上げていただきありがとうございます。
ここは前鹿児島県知事による新体育館構想の迷走の影響を受けた土地です。
JR鹿児島中央駅西口という超一等地にあり、この土地と県有地・隣接する日本郵便の土地を合わせた約1万6千平方メートルが「最適地」として整備構想を打ち出しましたが、周辺道路が狭く駐車場の確保や交通渋滞の悪化が危惧されておりました。
築60年近い鹿児島県立総合体育館の建て替えは鹿児島県政の長年の懸案で、2011年に一度は基本構想が策定されましたが、建設場所や機能を巡り方針が二転三転し頓挫。16年の知事交代後振出しに戻りましたが、同様に方針が二転三転し、2020年の知事交代で再び振出しに戻っています。
都心のこのような広大な超一等再開発地はもう生まれないでしょうから、本当にもったいないです。
どんどん計画が進んでいる長崎県が羨ましい限りですが、しかし我々県民としましては、新体育館とサッカー場の建設は特に今後の行方を長い目で見守っています。

bb

隣接した1万平米の県有地は売却の方針みたいなので、おそらくJRが購入するんだろうなあと思ってます。
まだまだ開発が続きそう。

アリー my dear

鹿児島中央駅周辺、どんどん活性化してきましたね。いい感じです(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です