MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

新長崎駅ビルが着工、駅ビルの開業時期を 2023 年秋に前倒し!



JR九州は2021年3月15日付けのニューテックで、「新長崎駅ビル」や「長崎駅高架下店舗」などから成る長崎駅開発を着工したと発表しました!「長崎駅高架下店舗」は2022年春開業、「新長崎駅ビル」は2023年秋開業を予定しています。

【出展元】
「長崎駅高架下店舗」新築工事に着工

 

長崎駅周辺では、2021年秋に予定されるMICEの開業や、2022年秋の九州新幹線西九州ルートの開業をはじめとした、新しいまちづくりが進められいます。JR九州は、そのまちづくりを進めるべく、長崎駅高架下店舗の新築工事に着工するとともに、新長崎駅ビルの開業を早める事としました。

 

 

長崎駅高架下店舗

高架下店舗 外観イメージ・コンコースから

長崎駅開発の第1弾として、長崎の陸の玄関口である長崎駅の改札口の正面に、にぎわいと交流の拠点が登場します。長崎らしい美しい都市景観づくりに取り組むとともに、地元を代 表する土産や食品などの物販、ご当地グルメをはじめとした飲食店を導入。延床面積は約4,400m2、営業面積は約2,200m2。店舗数は約50店舗を予定しています。

 

 

高架下店舗イメージ・東口駅前広場



計画概要
延床面積 : 約4,400 ㎡
営業面積 : 約2,200 ㎡
構 造 : 鉄骨造 一部鉄筋コンクリート造
用 途 : 商業施設 店舗
構 成 : 土産・食品、飲食、サービス等
店舗数 : 約 50 店舗(予定)

 

「新長崎駅ビル」の最新の計画概要

長崎駅周辺のまちづくりの拠点となる「新長崎駅ビル」は、「新幹線開業を契機につ くる国際観光都市長崎の陸の玄関口」のビジョンのもと、商業、ホテル、オフィス、駐車場など の複合開発として検討が進められてきました。これらの考え方は堅持しつつも、今回、計画の一部が見直されました。延床面積は約102,000m2(既存建物含む約160,000m2)、13階建て、高さ60m。地上1階から4階および5階の一部が商業施設、7階から13階がホテルで客室数は約200室、5階と6階がオフィスとまります。

ホテルはマリオット・インターナショナルとの提携に向けて協議を進めている。当初は2025年度開業を計画していたが、効率的な開発行程として工期を短縮し、2023年秋開業に繰り上げます。また新長崎駅ビルでは、環境負荷の軽減、新型コロナ対策、次世代のAI・ICTの導入などに取り組みます。

 



JR九州の青柳俊彦社長は、同日開いた長崎市との共同記者会見で「新型コロナウイルスの感染拡大で収入面でも大きな影響を受けた。投資計画を見直し、リターンを早く得るべきだと考えた」と語りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です