新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)ー館内編



SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)は、熊本市中心部にあった「熊本交通センター」を含む桜町・花畑町一帯の市街地再開発事業により建設された複合施設です。敷地面積は3万266㎡、延べ床面積は約16万2440㎡、総事業費は777億円で三大都市圏以外では破格の規模と言える巨大開発です。

この施設は日本最大級のバスターミナル、商業施設、住宅、ホテル、MICE施設を組み合わせた、九州の交通と文化交流の一大拠点として整備されました。事業主は「九州産交ホールディングス」と「九州産交ランドマーク」の両社が出資した熊本桜町再開発準備株式会社で施設運営は『九州産交ランドマーク』が担当しています。

【出展元】
SAKURA MACHI Kumamotoについて
熊本都市計画 桜町地区第一種市街地再開発事業



SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)ー屋上庭園編





 

特集3回目の今回は、いよいよ館内に入ります。まずはメインエントランス付近の様子です。2層吹き抜けの開放的な空間が出迎えてくれます。

 

 

 

メインエントランスからバスターミナルに向かって一直線に伸びるセンター通路の様子です。ゴージャスな飴色の照明が圧巻です。

 

 

 

 

 

 

 

センター通路は2層吹き抜けになっていました。

 

 

 

エスカレータの様子です。

 

 

 

館内各所に洒落たデザインのベンチが設置されていました。場所によってデザインが異なります。

 

 

 

次は熊本城ホール側の様子です。商業施設とは全く異なる、美術館的なシンプルなデザインで纏められています。

 

 

 

 

 

大規模イベントに対応する為に「溜まり場」が広く取られています。

 

 

 

天井がメチャクチャ高く開放的な空間が広がっています。

 

 

 

 

なんとなく神殿の様な雰囲気があります。

 

 

 

その一角にホテルトラスティプレミア熊本のエントランスがありました。

 

 

 

最後は熊本城ホール側にあったエスカレータの様子です。SFチックでカッコイイ・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です