【再都市化ナレッジデータベース】

長崎 BizPORT(ビズポート)はオリックス生命保険の長崎ビジネスセンターが入居する大型オフィスビル計画



 

長崎 BizPORT(ビズポート)は、新日鉄興和不動産と長崎食糧倉庫は、長崎市元船町 9 番地で建設中の大型オフィスビルです。長崎 BizPORTは、核テナントとしてオリックス生命保険株が入居することが決定しています。オリックス生命保険の長崎ビジネスセンターは、大規模災害発生時等における事業継続体制を強化するため、2016年10月より本社機能の一部を長崎県長崎市に新設し、重要業務の一部を開始したものです。今後、将来的な人員増加に対応するため、2019年4月(予定)より『長崎BizPORT〔ビズポート〕』へ移転します。このビルは、耐震構造、非常用電力供給など事業継続に必要な設備機能を備えており、長崎市の中心地に位置しオフィス環境としても非常に優れていることから入居を決めたそうです。

【出典元】
新日鉄興和不動産・長崎食糧倉庫:歴史ある倉庫をオフィスビルへ建替え 『長崎 BizPORT(ビズポート)』(PDF)

 

※匿名さま から情報を頂きました、ありがとうございました!

 

 


この事業は、長崎県が推進する「長崎金融バックオフィスセンター構想 2020」に基づき、長崎食糧倉庫が保有する土地において、主に県外からの企業誘致を想定したオフィスビルの事業化を検討してきたもので、新日鉄興和不動産にとっては長崎県内における初のオフィスビル賃貸事業となります。長崎食糧倉庫は、戦後から本計画地において倉庫業を営んできましたが、長崎新幹線開業(2022 年予定)をはじめ、長崎県庁移転 (2018 年予定)や駅ビル拡張など、JR 長崎駅周辺で進められている再開発を見据え、オフィスビル賃貸事業を志向しました。

 

 

 

 



【計画概要】
名称:長崎 BizPORT(ビズポート)
所在地:長崎県長崎市元船町 9 18
階数:地上 11 階建
構造:鉄骨造
主用途: 事務所(2 階~11 階)、店舗(1 階)、 駐車場
敷地面積:2,488.11 ㎡(約 752 坪)
延床面積:14,446.40 ㎡(約 4,370 坪)
建築主:
新日鉄興和不動産、長崎食糧倉庫
設計・監理:新日鉄住金エンジニアリング
施工:新日鉄住金エンジニアリング
着工:201710
竣工:201901月末 (予定)

 

2 COMMENTS

匿名

福岡や長崎は太平洋側の巨大地震や津波でも、大きな被害は無いだろうから、バックアップ拠点として有効な土地だと思うね。確か外資系保険AIGやジブラルタ生命も、長崎市に拠点置いてなかったかな?

アリー my dear

なかなか規模の大きなオフィスですね。長崎では新幹線開業後の変化がどうなるのか気になります。
市役所も現庁舎のほど近くで高層庁舎に建て替えられるそうですし、活性化してほしいと思います(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です