新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

日本橋に国内初のeスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~」が誕生!


サンユー都市開発は「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトに、大阪日本橋に国内初となる”eスポーツ特化型ホテル”「e-ZONe ~電脳空間~」を2020年4月に開業すると発表しました。開業日には華やかにオープニングイベントを開催予定です。

コンセプトは「 eスポーツ × 宿泊 × 大阪 」。オンラインゲームをしてたら、もうあと少しだけゲームをしたいって挑み続けていたら、傍にいつでも寝れる環境がある。そんな、誰もが一度は経験したくなるような環境を提供できる”夢の体験”が可能な施設です。eスポーツを初めて体験したり、オフ会を開催したり、大会前の泊りがけの合宿を実施したり、そんな「eスポーツ」を楽しむプレイヤーに至福の体験を用意してくれる施設となります。

 

 

 

名称 :「e-sports hotel e-ZONe ~電脳空間~」
住所 :大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目9街区(以下、未定)
構造 :鉄骨造 地下1階、地上8階建て
竣工月:2020年3月末
オープン日:2020年4月予定
サイトURL:https://www.sanyu-j-net.co.jp/lp/
営業時間:24時間
利用料金:未定(後日リリース予定)
総ベッド数:94ベッド
広さ :769.10㎡

 

 

施設は、B1Fから8Fまでの全9フロア

1F~3Fはゲーミングフロア、4Fから8Fはキャビンフロア(宿泊フロア)、B1Fにはシャワーフロアを常設。施設内には最大71席のハイスペックPCブースが用意されるほか、実況配信用の設備も完備。個人での利用はもちろん、大会やイベントも開催予定。eスポーツを存分に楽しむことができ、ユーザー間のコミュニケーションの場となる施設として「e-ZONe ~電脳空間~」を運営するとの事です。

 

 

 

 

7階は特別ルームフロア(客室内にハイスペックPCを設置)

e-sports hotel e-ZONe ~電脳空間~」の延べ床面積769.10㎡、ベッド数94の規模です。西日本のポップカルチャーの一大拠点に誕生するこの施設が、日本でも認知度が上がり始めているe-sportsの西日本の拠点として賑わう事になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です