【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

『tete(テテ)名谷』に名称決定!神戸市営地下鉄・名谷駅ビルリニューアル事業【2023年夏1期開業〜2024年度中に2期完成予定】



JR西日本アーバン開発は2022年12月9日付けのニュースリリースで、神戸市営地下鉄名谷駅ビルのリニューアル事業について、開業後の商業施設名称を「tete(テテ)名谷」に決定したと発表しました!

名谷地区は神戸市が阪神淡路大震災からの復興を終え、市のブランドイメージ向上に向けて整備を進める「リノベーション神戸」の対象区域です。神戸市は名谷地区を多世代交流の街として活性化させる「名谷活性化プラン」を策定し、駅の利便性向上と美装化を図るため、増築を含む本格的なリニューアルを計画。市は商業施設運営に民間企業のノウハウを導入する為に、総合評価一般競争入札方式で参加企業を募集し、JR西日本アーバン開発を代表とする3社の企業連合体を選定し、神戸市交通局と共に事業を推進しています。

※企業連合体(JR西日本アーバン開発、交建設計、大鉄工業の3社)

【出展元】
神戸市営地下鉄名谷駅ビルリニューアル事業 商業施設名称「tete (テテ)名谷」に決定

 

 



神戸市営地下鉄名谷駅ビルリニューアル事業は、名谷駅利用者の利便性の向上、駅周辺エリア活性化のため、まちの玄関口にふさわしい施設の開発を目指しています。北ゾーン新設部分は2023年夏、南ゾーンリニューアル部分は2024年度中に開業予定です。計画では、現駅ビルの北側に、地上 3 階建延床面積 約 2,362 ㎡の『北ゾーン』を新設します。『南ゾーン』(現駅ビル)リニューアル部分は、地上 2階建て、延床面積 約 4,691 ㎡の規模で2024年度中に開業する予定です。

現時点で出店店舗は明らかになっていませんが、北ゾーンは1階に物販、サービスの店舗とカフェ、2階に定期券発売所とサービス店舗、スクール、3階にワークスペースの出店を予定しています。

①北ゾーン新設部分
地上 3 階建
延床面積 約 2,362 ㎡
2023 年夏 1 期開業予定

 

②南ゾーン(現駅ビル)リニューアル部分
地上 2 階建
延床面積 約 4,691 ㎡
2024 年度中 2 期開業予定

 


tete」は、手と手をつなぐように、人と人、人と地域がつながり、神戸・名谷が目指す「多世代共生のまち・コミュニティー」が育まれる場であることを表現しています。また、施設運営者のJR西日本アーバン開発と神戸市交通局が手を取り合いながら、地域に寄り添った施設に成長させていくという思いも込められています。

施設概要

施設名称:tete(テテ)名谷
計画地:兵庫県神戸市須磨区中落合2丁目
施設規模:北ゾーン新設部分 地上3階建 延床面積約2362m2
南ゾーン(現駅ビル)リニューアル部分 地上2階建 延床面積約4691m2
開業時期:2023年夏1期開業予定、2024年度中2期開業予定
商業施設運営事業者:JR西日本アーバン開発
設計事業者:交建設計
建設事業者:大鉄工業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。