新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

指宿枕崎線ー谷山駅(駅舎外観編)



谷山駅は鹿児島市谷山中央一丁目にあるJR九州指宿枕崎線の駅です。単線非電化路線の駅ですが、2016年3月26日に連続立体化事業が完成し 島式ホーム1面2線を有する立派な高架駅となりました。2018年度の1日あたりの乗降客数は5550人(乗車客2,775人を2倍にした値)です。

 

 

 

 

鹿児島取材の時に市電の終点、電停谷山駅まで行った時に真新しい高架線が見えたので思いつきで取材する事にしました。そして驚きの光景が目に入ってきました。

 

 

 

 

この立派な駅舎は何!?指宿枕崎線は単線非電化のローカル線のはず・・。JR西日本のアーバンエリアの新駅よりも豪華な造りに唖然としました。

 

 

 

 

駅前ロータリーも広々としています。

 

 

 

 

車寄せの上屋もご覧の通りの立派さ。県庁所在地にあるJR奈良駅の車寄せの上屋とは雲泥の差です。

 

 

 

th_IMG_3792_2014090719514372f.jpg

上が谷山駅、下が地元の奈良駅の上屋です。素材の豪華さが違いすぎる・・・。

 

 

 

谷山駅周辺では、地区土地区画整理事業が行われており、人口約60万の大都市鹿児島の副都心的な意味合いで整備が進められる予定です。それを見越してのインフラ整備が行われ、現状ではオーバースペックな駅設備が作られました。

 

 

 

 

駅舎正面の様子です。

 

 

 

 

高架下の様子です。天然木をふんだんに使った天井が美しい。次回は改札内コンコースとホームの様子をご紹介したいと思います。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です