【再都市化ナレッジデータベース】

御堂筋線ー天王寺駅駅「Osaka Metroネットワークビジョン」は55インチ液晶を柱15本・39面に設置!



大阪メトロでは鉄道運輸収入以外の収益源としてデジタルサイネージの設置を進めています。Osaka Metroの主要駅に合計249面のサイネージによる広範囲訴求が可能なネットワーク商品「Osaka Metroネットワークビジョン」が登場しました。御堂筋線(新大阪、梅田、淀屋橋、本町、なんば、天王寺、なかもず、 四つ橋線(肥後橋)、谷町線(東梅田、天満橋、谷町四丁目、谷町九丁目、堺筋線( 北浜 、日本橋 )計14駅に総柱本数 114本 総面数 249面、55インチ液晶縦型ディスプレイ(フルHD)モニタが設置されます。設置工事は3期に分かれて行われ、201910月から第3期分、全249面が稼働します。

 

御堂筋線ー淀屋橋駅北改札の「Osaka Metroネットワークビジョン」が放映開始!



御堂筋線なんば駅北改札の「Osaka Metroネットワークビジョン」が放映開始!



御堂筋線ー本町駅にもデジタルサイネージ。「Osaka Metroネットワークビジョン」のモニタが増殖中!



東梅田駅改札外コンコースに大量のデジタルサイネージが設置される!



 

 


御堂筋天王寺駅にもデジタルサイネージが登場しました。設置枚数は西改札が柱8本(22面)、東改札が柱7本(17面)で合計39に55インチ液晶縦型ディスプレイ(FHD)が設置されました。放映時間は5:00 ~ 24:00です。

 

 

 

現地の様子です。普段はメチャクチャ人通りの多い場所なので、広告の訴求力はバツグン、のはずです。

 

 

 

 

デジタルサイネージのアップです。大阪メトロのロゴマークと同じパープルの筐体に収納されています。配線がダランとたれているのは意図的で固定資産税対策との事です。

 

 

 

西改札側を見た様子です。

 

 

 

改札内コンコースにもサイネージディスプレイが設置されています。

 

 

 

最後は自動改札越しにみた様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です