【再都市化ナレッジデータベース】

LAの木材タワー「スカイツリー」Sky Tree Los Angelesはモンローのドレスが吹き上がる様子をモチーフにした基部を持つ



オーストラリアの高田浩一建築設計事務所は、アメリカ・ロサンゼルスのダウンタウンにあるサウスヒルストリート1111番地に、木材タワー「スカイツリー」の開発を提案しました。スカイツリーは2つのタワーで構成されており、1つは70階建て、もう1つは約半分の高さになるように計画されています。スカイツリーの総面積は564,000平方フィート(52,397平方メートル)で、528戸のアパートメントとショップで構成されています。その他、屋上プール、スポーツジム、コミュニティグリーンスペースなどが設けられます。

【出展元】
Koichi Takada Architects
Sky Trees

 

 

LA・スカイツリーは世界で最も古くて背の高い木のひとつで、カリフォルニアに自生する「レッドウッド」をデザインの参考にしました。スカイツリーの底部が反り返っているのは、レッドウッドの根が広がる幹の底部を模しています。巨大なレッドウッドは、幹が細く、外面が赤褐色で、タワーと同じように巨大な高さにまで成長します。

 

 

 

外装は薄い木材のストリップで覆われており、基部は上向きに反り返っています。この形は、1955年のビリー・ワイルドの『七年目のかゆみ』の象徴的な映画の瞬間に登場するモンローのドレスが吹き上がる様子を意図しています。

超高層ビルは、周囲から切り離された単発のプロジェクトのように建設された場合、「都市の構造にダメージを与える」と、建築界のリーダーたちの間で批判を浴びていますが、高田晃一アーキテクトは、スカイツリーの基壇の反り返った形状が、地域とのつながりを活性化させ、通行人を引き込むことを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です