【再都市化ナレッジデータベース】

JR向日町駅前に地上36階建て総戸数300戸のタワーマンション構想!4.8万㎡の再開発ビル整備へ

京都府向日市は、JR向日町駅周辺地区まちづくりの都市計画原案を明らかにしました。施工区域面積は駅東の0.8haで、住宅や商業施設なfど総延べ約48000㎡(容積対象面積:約34000㎡)の再開発ビルや駅前広場、区画道路などを整備する組合施行の再開発(JR向日町駅周辺地区第一種市街地再開発事業)を計画しています。

アリー my dear さんから情報を頂きました、ありがとうございました!   【出展元】 →令和2年5月19日に開催した向日市都市計画審議会資料JR向日町駅東口開設にかかる 官民連携事業調査


 

 

 

再開発ビルの住宅棟は地上36階建ての超高層タワーマンションで総戸数300戸を想定。商業・業務・サービス棟は中層ビルで、合わせて駐輪場を整備します。駅前広場の面積は約2400㎡、区画道路は幅9.5m、長さ40m。総事業費は約230億円を見込み、市の負担額は約32億円。再開発ビルに160億〜170億円程度、東西自由通路に50億円程度、駅前広場に10億円程度を充てる計画です。

 

 

再開発準備組合は2020年5月に設立され、事業協力者はJR西日本不動産開発が務めます。今年度中の都市計画決定を目指し、市街地再開発の事業計画を作成する予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です