MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

アジア初の民間宇宙港「北海道スペースポート(HOSPO)」を応援するコミュニティを設立、宇宙版シリコンバレー形成を目指す!


北海道スペースポート(HOSPOは、北海道大樹町にある世界中の民間企業・大学研究機関等が自由に使える、シェアするスペースポート(宇宙港)です。アジア初のスペースポートとして2021年春に誕生しました。

近年、人工衛星による画像データ分析や、通信サービス提供を目的とした、大規模コンステレーション計画などから、人工衛星の打ち上げ需要が急増。また、国際宇宙ステーションへの物資輸送や、月や他惑星の探査プロジェクト、一般人向けの宇宙旅行を民間企業がサービス開発するなど、あらゆる目的と文脈で宇宙への輸送需要が増加しています。

これらの需要を背景に、世界ではロケットやスペースプレーンの開発を目指す会社が100社以上立ち上がっており、既にロケットの商業打ち上げに成功した会社や、数年内の商業打ち上げを計画する会社が多くあります。

【出展元】
民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」の事業運営会社SPACE COTAN、北海道スペースポートを応援するコミュニティ”HOSPO SUPPORTERS”設立
北海道スペースポート(HOSPO

 

 


HOSPOのコンセプトイメージ「大樹町多目的航空公園」の概要図

しかし、アジアには民間の人工衛星用ロケットの打上げができる世界に開かれたロケット射場が無く、日本でつくられた人工衛星も、海外のロケット・射場から宇宙に運ぶケースが出てきています。

HOSPOは、この課題を解決し、日本国内の宇宙産業の成長に貢献するため、ロケットや宇宙旅行等を目的とした宇宙船を対象とした実験・打上げ設備や滑走路を持ち、エンジン燃焼試験から打上げまでをトータルでサポート。垂直打上げロケット(Vertical Launch)の実験・打上げ設備を持ち、併設する滑走路では宇宙旅行等に使われるスペースプレーンの試験も可能。HOSPOは世界の宇宙ビジネスを支えるインフラとして、宇宙産業に携わる多くのプレイヤーに快適な開発・ビジネス環境を提供しています。

 

 

 


Launch Complex-0

北海道スペースポートは、現在、インターステラテクノロジズ社が観測用ロケットMOMOを打ち上げているLaunch Complex-0や、1000mの滑走路などの施設を有しますが、今後、2023年に人工衛星用ロケット射場「Launch Complex-1」と、スペースプレーンの実験機に対応するための300mの滑走路延伸、2025年に人工衛星用ロケット射場「Launch Complex-2」を運用開始予定です。これにより、世界中のロケットやスペースプレーンが、北海道スペースポートから高頻度で打ち上げ可能な環境を創出する計画です。

 

北海道スペースポート(HOSPO)の優位性

1:東も南も打上げ可能
東向き打上げによる地球低軌道(Low Earth Orbit)や南向き打上げによる極軌道への人工衛星の軌道投入に適している。

2:誰でも使える
国内および海外の宇宙開発プレイヤーは誰でも、北海道スペースポートのロケット射場、実験施設、滑走路などを利用することができる。

3:快適な滞在環境
東京から北海道スペースポートまでは約2時間半と好アクセス。大樹町には宿泊施設・レストラン・温泉等の施設が充実し、快適で楽しい滞在環境を提供。


 

 

Launch Complex-1


Launch Complex-1(LC-1)は、人工衛星用ロケットのための射場で、垂直打上げロケットの打上げが可能。射点、組立棟、推進剤等タンクヤードを常設。また、エンジン燃焼試験の設備を併設。インターステラテクノロジズ社が観測ロケットMOMOの打上げで使用しているLaunch Complex-0の隣に建設、2023年度完成予定。

 

 

Launch Complex-2


Launch Complex-2(LC-2)では、人工衛星用ロケットの高頻度打上げ(垂直打上げ)が可能で、LC-1よりも大型の射場となる。射点、組立棟、推進剤等タンクヤードを常設。組立棟は複数あり、複数企業のロケットの同時組み立て、打上げ準備が可能。2025年度完成予定。

 

Runway(滑走路)


既存の1,000mの滑走路は、これまでJAXA(宇宙航空研究開発機構)、民間企業、大学等の航空宇宙実験での使用実績あり。これを1,300mに延長し、スペースプレーンの離着陸試験としても活用の予定。将来的には宇宙旅行等に使われる有人スペースプレーンのために3,000m滑走路の新設を構想している。

 

国内初となるスペースポートの応援コミュニティ”HOSPO SUPPORTERS”

 



 

ロケット等の射場を持つ「北海道スペースポート」(HOSPO)の運営会社であるSPACE COTANは2021年7月30日付けのニュースリリースdで、応援コミュニティ「HOSPO SUPPORTERS」の設立を発表しました。

HOSPOは、宇宙産業に携わる企業や研究機関などが利用できる民間の宇宙港ですが、SPACE COTANは、HOSPO SUPPORTERSの設立によって協賛企業との連携を強め、施設拡充とHOSPOを核とした宇宙版シリコンバレーの形成を加速させます。

 

 


HOSPOを核に、宇宙産業の製造拠点・関連企業・研究拠点・観光産業などを集積させ、北海道の既存産業とも連携してシナジー効果を生み出すような産業地区の形成『宇宙版シリコンバレー』を目指している。日本政策投資銀行(北海道支店)等による試算では、新射場の整備による道内経済波及効果は年間267億円に及びます。

HOSPO SUPPORTERSには地域創生やSDGsへの貢献を目指して宇宙ビジネスに取組む企業が参加し、設立時点で28社が集まりました。今後は、さらに応援の輪を広げつつ企業間連携や事業展開を促進し、宇宙版シリコンバレーのより早い形成を目指していく方針です。

 

現在の会員企業・組織は、以下の28社

株式会社IHIエアロスペース
ALSOK北海道株式会社
INCLUSIVE株式会社
インターステラテクノロジズ株式会社
エア・ウォーター北海道株式会社
株式会社オカモトホールディングス
株式会社奥原商会
帯広信用金庫
川田工業株式会社
キャリオ技研株式会社
株式会社釧路製作所
サツドラホールディングス株式会社
株式会社JSOL
株式会社ズコーシャ
大昭電気工業株式会社
税理士法人竹川会計事務所
十勝毎日新聞社
西江建設株式会社
萩原建設工業株式会社
NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター
北海道オール・オリンピアンズ
北海道コンサドーレ札幌
北海道新聞社
北海道スペースポート研究会
北海道電力株式会社
北海道十勝スカイアース
宮坂建設工業株式会社
レバンガ北海道

 

 

あわせて読みたい!

【2021年度運用開始】国内初の民営のロケット発射場は和歌山県串本町に決定!宇宙ベンチャーのスペースワンが発表



大分空港がアジア初の水平型宇宙港に!Virgin Orbitと大分県が提携し2022年打ち上げへ



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です