【再都市化ナレッジデータベース】

神六再開発、東急不動産が「神宮前六丁目地区再開発」新ビルの外装デザインを発表!



神六再開発と東急不動産は、2020年9月7日付けのニュースリリースで東京都渋谷区の「神宮前六丁目地区第一種市街地再開発事業」について特徴的な外装・屋上デザインを発表しました。

再開発は表参道と明治通りが交わる神宮前交差点の一角にある、築50年超の「オリンピアアネックス」やコンドマニア」「コロンバン原宿本店」跡などを含む敷地約3085㎡を一体的に整備するもので、2019年2月の事業計画認可に続き、今年1月9日に東京都から権利変化許可を受け本格始動しました。

【出展元】
「神宮前六丁目地区第一種市街地再開発事業」 表参道・明治通り交差点に新施設が2022年度(予定)に誕生 建築家・平田晃久氏による「まちを編む」外装デザイン

 

 

 



ひときわ目を引く外装・屋上デザインは平田晃久建築設計事務所が手掛けました。「KNIT DESIGN(まちを編む)」をコンセプトにした外装は自然と人工が共存する原宿・表参道エリアで古と新、外と内の融合など未来につなげる街づくりをイメージしたものです。

外装のガラスは、周辺の景観を反射して映し出す凹凸面の「umi」エリアと、建物内の店舗などが確認できるフラット面の「shima」エリアで構成されており、それぞれが反射で混ざり合い共存する姿を表現しています。

 

 

 



再開発ビルは店舗を中心とした商業ビルで、公共公益施設、地階に駐車場や鉄道用変電施設などを整備し屋上には広場も計画しています。同時に、区道630号を廃道し変形五差路を解消することで歩行者滞留空間を確保するほか、敷地西側に新たな歩行者道路を作り歩行者ネットワークの強化が図られます。

 

 

 



新ビルは地下2階~地上10階の12階建て延べ床面積は19,930㎡。設計・監理は日建設計、清水建設が施工を担当し2020年11月に着工、2022年度の竣工を目指します。総事業費は約180億円です。

日本離れした新しいビルは、完成後は大きな話題を集める事になりそうです。

4 COMMENTS

ぽり

他のサイトで見てたんですが、表参道、銀座に続く、東急の万華鏡シリーズ第三弾という感じですね。表参道の方は入口付近の歩道にミラーの光が集まり過ぎて火事の危険。という過去もありましたが、ガラスと緑化の取り合わせは面白そうだなと思います。

ここの近くに梅田・曽根崎のやまたけビルの内外装を担当した工房集団の最後ともいえる物件がありましたが、イベントホールに改装されてしまい。作品として残っているのはやまたけビルだけになりました。

通りすがり

うめきた2期にもと、私も思いました!
ヽ( ̄ω ̄ が、なんばパークスに似てるところもあり、
実際、なんばパークスは上から眺めるとデザイン的にも素晴らしいのですが、中を歩くと狭いと言うか圧迫感があり、凝りすぎると使い勝手があまりよくないなとも感じました。

ただ、箱型ビルの乱立だけでは面白くないかと。。(づ ̄3 ̄)

サジャ

そうですね、こういうビルは街中にあるよりも梅北二期の公園沿いにあったら似合うでしょうね。
細かなデザインの変更は色々あるかもしれませんが。
あの阪神百貨店でさえ最初のデザインからかなり変更されていますので、梅北二期も実際はどうなるのか分からないですね。

うめきた2期にも、このような緑豊かなビルが建てられたらよかったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です