【再都市化ナレッジデータベース】

ソラリア西鉄ホテル鹿児島 宿泊記



ソラリア西鉄ホテル鹿児島は、鹿児島中央駅前に位置する「鹿児島中央ターミナルビル」の高層階に入居する宿泊主体型のホテルです。「街で寛ぎ街を楽しむ為の拠点となる都市型ホテル」がコンセプト。西鉄は4つのホテルブランド「グランド」「ソラリア」「クルーム」「イン」を展開しており、「ソラリア」はミドルグレードのホテルとなります。

 

 

 

 

 

1階エレベーターホールの様子です。ビジネスホテルに比べると数段上の高級感を感じます。

 

 

 

7階フロントロビーの様子です。

 

 

7階からの眺めです。真正面に鹿児島のシンボル「桜島」が見えました!

 

 

リビーにあるソファー。大きな旅行カバンがテーブルになっていました。なかなか洒落てます。

 

 

 

 

客室に向かいます。こちらはエレベーターホールの様子です。

 

 

 

 

今回宿泊したのは、スーペリアツイン(桜島側)28.2m²。

 

 

 

 

ベッドボード付近の様子です。濃い木目やベッドボードの木の装飾は「屋久島」を連想させます。全体的にデザインが洗練されていて気持ちが良いです。

 

 

 

 

ベッドはサータ社のポケットコイル・マットレスを採用。中々いい寝心地でした。

 

 

 

窓側から客室を見た様子です。高品質ですが、デザイン的に重くない「軽快で爽やか」なインテリアがとても気に入りました。

 

 


窓からの眺めはこんな感じ。スーペリアツインは公式HPに記述があるとおり、桜島の一部が見えない部屋で、半分ほどが建物の影にかくれていました。

 

 

 

 

 

ナイトパネルの様子です。コンセント×2、USB給電ポートは無し。

 

 

 

 

テレビボードの様子です。

 

 

 

 

テレビの下に電気ケトルやグラスが収納されていました。

 

 

 

 

ワークデスクの様子です。コンセント×2で、かなり広々としておりガッツリ仕事が出来そうな机でした。

 

 

 

水廻りを見て行きます。

 

 

 

 

洗面台付近の様子です。

 

 

 

 

バスルーム洗い場付きのジャパニーズスタイルのバスルーム。最近のミドルグレードのホテルの多くが「洗い場付き」のバスルームを採用しています。

 

 

 

クローゼット付近の様子です。空間的な余裕があります。

 

 


最後は7階レストランからみた鹿児島中央駅前の様子です。今回宿泊したソラリア西鉄ホテル鹿児島ですが、立地最高、比較的リーズナブルな価格、そしてハイセンスで桜島が望める抜群の眺望。三拍子そろった、文句無しでオススメ出来る快適なホテルでした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です