MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

三井不動産と竹中工務店が東京日本橋に国内最大・最高層の木造ハイブリッド高層ビルを建設すると発表!



三井不動産と竹中工務店は、東京都中央区日本橋本町一丁目に、木造高層建築物として国内最大・最高層となる賃貸オフィスビルの新築計画の検討に着手したと発表しました。

新ビルの想定規模は地上 17階建、高さ約70m、延床面積約 26,000 ㎡で今後、詳細の検討を進め、2023年に着工し2025年の竣工を目指しています。

 

【出展元】
三井不動産と竹中工務店、日本橋にて国内最大・最高層の木造賃貸オフィスビル計画検討に着手
~三井不動産グループが保有する森林の木材を使用し持続可能な社会の実現に貢献~


 

 



計画では、主要な構造部材に竹中工務店 が開発した耐火集成材「燃エンウッド」などを使用した木造ハイブリッド建築で、最先端の耐火・木造技術を導入する予定で、木材は三井不動産グループが 保有する森林のものをはじめ国産材を積極的に使用し、建築資材の自給自足および森林資源と地域経済の持続可能な好循環を実現させ、環境に優しく CO2 排出の削減にも寄与するプロジェクトを目指しています。

 

 

 



計画地は、三井不動産の重点戦略エリアである日本橋の一角、日本橋本町一丁目。三井不動産が展開しているライフサイエンス事業の拠点を、プロジェクトの主要な施設の一つとして設置する予定です。

 

 



竹中工務店の燃エンウッドは、国土交通大臣より耐火構造の認定を受けた技術で、独自の燃え止まり機構により、スギ・ヒノ キ・カラマツなどの代表的な国産材を“現し(あらわし)” で用いることが可能です。火災が生じた場合、断熱効果 (燃え代層)と吸熱効果(燃え止まり層)により、柱・梁(荷重支持部)を火災の熱から守ります。 大規模建築や中高層建築において多くの採用実績があります。

 

 

 


<燃エンウッドの採用事例>フラッツウッズ木場

新ビルの想定規模である、地上 17階建、高さ約70m、延床面積約 26,000㎡は木造ハイブリッド建築としては相当な規模だと思います。コスト面など克服すべき改題は多数あると思いますが、新しいチャレンジに対して期待をもって見守りたいと思いました。
所在地 東京都中央区日本橋本町一丁目   3 番 地
敷地面積 約 2 , 500  ㎡
用途 事務所 、 店舗、 駐車場   等
延床面積 約 2 6 , 0 00 ㎡
階数 ・高さ 地上 17 階 ・約 70 m
オフィス基準階面積 約 300  坪(専有面積)
構造 ハイブリッド木造
建築主 三井不動産株式会社
設計予定者 株式会社竹中工務店
竣工時期 2025年予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE