【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)ゆめが丘駅前に大規模商業施設、神奈川県横浜市泉区に相鉄グループが延床約11.8万㎡の施設を建設



相鉄グループの相鉄アーバンクリエイツと相鉄ビルマネジメントは、神奈川県横浜市泉区下飯田町に所在する、相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅前の集客施設開発事業者として、センター地区地権者会から選定され、2022 年度春から大規模集客施設を開発すると発表しました。2022年春の着工、23年度下期の開業を予定しています。

【出展元】
ゆめが丘駅前に大規模集客施設を開発

 

 


相鉄が展開する相鉄ジョイナステラス

計画地は、相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅および横浜市営地下鉄ブルーライン 下飯田駅に近接している他、環状4号線に面したアクセスに恵まれた立地です。相鉄グループは横浜駅直結の「相鉄ジョイナス」をはじめ、複数の商業施設を運営しています。ジョイナスはテナント販売や飲食がメインですが、ゆめが丘の新施設は「体験型」をコンセプトに取り入れる予定です。現時点で施設詳細やテナントは不明です。

 

 

 



 

「泉ゆめが丘地区土地区画整理事業」は、「横浜市都市計画マスタープラン・泉区プラン」における、土地区画整理事業手法により新たな駅前拠点市街地として計画的な街づくりを進めることを目的とした事業です。対象地区面積約23.9haにおよぶ「泉ゆめが丘地区土地区画整理事業」の一環として開発が行われ、沿線住民のライフスタイルの提案や地域資源を活かした体験・交流の場の提供を目的にした大規模集客施設が建設されます。

 

名称 (仮称)ゆめが丘駅前大規模商業施設
所在地 泉ゆめが丘地区土地区画整理事業施行地区センター地区内
階数 地上3階建て
用途 商業施設等
敷地面積 約42,861㎡
建築面積 約 32,000 ㎡
延床面積 約118,000㎡
事業主体 相鉄アーバンクリエイツ、相鉄ビルマネジメント
着工 2022 年春
竣工
開業 2023年度下期

1 COMMENT

無名

本州に戻ってくることができました。関西にはたどり着けませんでしたが…
割と近い場所ですので定点観測をしたいと思います。
現状はかなり殺風景ですがどう変わるのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です