MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

「吹田アリーナ」構想 万博記念公園の日本最大級アリーナ整備計画に2事業者が提案!

  大阪府のは2019年9月17日に、吹田市の万博記念公園南側の府有地に、民間資本で全国最大規模のアリーナ施設を整備すると発表しました。万博記念公園駅の南側の府有地16.9ヘクタールに、さいたまスーパーアリーナや横浜アリーナに匹敵する国内最大級のアリーナを整備し、国際的なスポーツ大会や大規模なコンサートの開催を想定し、来春に公募で事業者を選定、2025年大阪・関西万博開催前の開業を目指す計画が進んでいます。  

【2025年開業見込み】エキスポ・アリーナ誕生!万博記念公園駅前に国内最大級の新アリーナを建設へ!


日経新聞が伝える所によると(仮称)吹田アリーナの新設計画について、2事業者が提案書類を提出したとの事です。今後、第三者の審査委員会が提案書やプレゼンテーションを審査し、12月ごろに事業者が決定します。アリーナは2025年大阪・関西万博までに開業する構想でしたが、コロナの影響で公募スケジュールが7カ月遅れ、万博前開業を求めない方針に転換されました。

コロナ禍で、三密空間となるコンサートや集客イベントが自粛対象になり厳しい状態ですが、数年後にはモノレール万博記念公園駅前に、日本最大級の大規模アリーナを中心とするホテルや商業施設を併設した大規模複合施設が誕生する事になります。

2 COMMENTS

福島区民

大阪・吹田アリーナ、応募2事業者は「海外系企業」

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO65932810W0A101C2AC8000

万博記念公園(大阪府吹田市)に1万人以上収容できるアリーナを新設する計画を巡り、吉村洋文知事は6日の定例記者会見で、10月30日までに提案書類を提出した2事業者は「海外系の企業」と明らかにした。
府は今後、第三者の審査委員会で提案書やプレゼンテーションを審査し、12月ごろに事業者を決定する計画だ。

府は新アリーナをさいたまスーパーアリーナ(さいたま市)や横浜アリーナ(横浜市)に匹敵する日本最大級の規模を想定。吉村氏は「西日本随一のアリーナを実現することは、関西の経済活性化に重要だ」と話した。

アリーナは2025年国際博覧会(大阪・関西万博)までに開業する構想だったが、新型コロナウイルスの影響で公募スケジュールが当初予定より7カ月ずれ込むなどし、万博前開業を求めない方針に転換している。
吉村氏は「コロナのハンディを負った分をどうバックアップするか考えながら選定したい」と述べた。

大阪淀屋

コロナの影響でも東京の各種計画は予定通りで、大阪は少し遅れながらも進んでいるが、神戸になるとJR三宮駅ビルのように見直しとなるのもある。
都市の実力が如実に出ている。
吹田アリーナ長らく報道がなかったので応募者がなかったのかと心配していた、一方の明石公園のアリーナはどうなったのか知りたい。
関西で大阪に二つ、神戸に一つは必要だわな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です