MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

JR西日本が10月ダイヤ改正、昼間中心に運行本数を約130本削減。来春には朝通勤時間帯を含めた全時間帯を見直し

 



JR西日本は2021年5月19日に、今秋10月にダイヤ改正を実施し、昼間時間帯を中心に約130本の運行本数削減を実施することを発表しました。

新型コロナの影響により、コロナ前と比較して在来線特急のご利用は約3割、近畿エリアとその他の西日本各エリアは約6~7割に減少。主要3駅(大阪駅、京都駅、三ノ宮駅)は、朝・夕の通勤時間帯も含めた全時間帯で減少し、特に昼間と夜間の減少率が大きくなっている為、構造改革として、利用にあわせた列車ダイヤの見直しを実施します。コロナの影響が特に大きい在来線特急は、2021年2月からすでに運休や臨時列車化を実施中で、3月から深夜時間帯を中心に約300本の列車ダイヤ見直しを実施しましたが、さらに日中閑散時間帯にもメスが入る事になりました

【出展元】
2021年 5月社長会見>2.ご利用にあわせた列車ダイヤの見直し

 

 



2021年10月のダイヤ改正では、利用者の減少率が大きい昼間時間帯を中心に、利用状況と列車本数との乖離が大きい区間で列車本数を見直しを行い、近畿エリアで約60本、そのほかの西日本各エリアで約70本の計130本程度の運行本数減となる見込みで、詳細は7月に公表する予定です。 このような状況のなか、構造改革として、ご利用にあわせた列車ダイヤの見直しを実施します。また、来春に予定するダイヤ改正では、朝の通勤時間帯も含めたすべての時間帯においてダイヤを見直す予定としています。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です