MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

JR西日本不動産開発が横浜市に商業施設「ビエラ」を出店!横浜市旧南区総合庁舎跡地開発プロジェクト 2022年秋頃オープン


JR西日本不動産開発は神奈川県横浜市南区で計画中の再開発「横浜市旧南区総合庁舎跡地」の事業者に選定され、同社が展開している複合商業施設「ビエラ」を出店します。核テナントはスーパーマーケットの「ライフコーポレーション」、スポーツクラブ、デイサービスに「ルネサンス」の出店。2022年秋の開業を予定しています。

【出展元】
横浜市旧南区総合庁舎跡地開発 プロジェクト~ライフ・ルネサンスの出店決定~

 

 

 

横浜市は横浜市は南区役所などとして使用していた旧南区総合庁舎跡地の売却先を、JR西日本不動産開発に決定しました。売却価格は約11億5千万円。9件の応募から選んだもので、計画では建物は地上4階、地下2階で食品スーパーやスポーツクラブ、医療施設などの複合商業施設が設けられます。

区庁舎の浦舟町移転決定後、市は約4400㎡の跡地を有効活用できるよう検討を進め、民間整備が可能と判断。公募売却することを決め、約11億5千万円の価格を示し、今年3月に公募を開始していました。

区庁舎だったことを踏まえ、跡地利用には医療や福祉、子育て支援施設などを含み、「区民全体の生活の質の向上に資するもの」と条件が付けられています。加えて、地域交流施設やオープンスペース、地域が利用する防災倉庫の設置も求められました。

 

 

 


JR西日本不動産開発はJR西日本の子会社で、近畿などで住宅開発や「ビエラ」の名称で商業施設の企画開発を手掛けていました。今後は首都圏でも事業拡大を目指す方針です。

 

 
件名 横浜市旧南区総合庁舎跡地開発
地名地番 神奈川県横浜市南区花之木町3-48-1
住居表示 神奈川県横浜市南区花之木町3
主要用途 店舗、飲食店、診療所、運動施設、福祉施設、事務所、駐車場
工事種別 新築
構造 地上:鉄骨造、地下:鉄筋コンクリート造
基礎
階数(地上) 4 階
階数(地下) 2 階
延床面積 16702.64 ㎡
建築面積 3456.73 ㎡
敷地面積 4399.83 ㎡
建築主 JR西日本不動産開発株式会社
建築主住所 大阪府大阪市北区中之島2-2-7
設計者 株式会社イチケン東京支店一級建築士事務所
設計者住所 東京都港区芝浦1-1-1
施工者 未定
施工者住所
着工 2020/8/1
完成 2022/8/31
備考 物品販売業を営む店舗、飲食店舗、診療所、スポーツの練習場、児童福祉施設等、事務所、駐車場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です