MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

山陽本線の姫路駅~英賀保駅間に新駅誕生!手柄山中央公園のエントランスエリアに【2026年開業予定】



 

JR西日本(西日本旅客鉄道)は、2020年1月14日付けのニュースリリースで、山陽本線の姫路駅~英賀保駅間に新駅を設置することについて、近畿運輸局長に鉄道事業法に基づく事業基本計画の変更認可申請を行なったと発表しました。新駅が設置されるのは、兵庫県姫路市西延末で、姫路駅から約1.8km、英賀保駅から約2.8kmの地点です。新駅は橋上駅舎、相対式ホーム2面(12両対応)、旅客上家(6両対応)で2026年春に開業する予定です。

【出展元】
山陽本線 姫路・英賀保間新駅設置について
手柄山中央公園整備基本計画について

JR山陽本線-はりま勝原駅



 


計画地付近には、は文化・スポーツ施設が集まる手柄山中央公園がありますが、姫路駅・英賀保駅共に2〜3kmほどの距離があり公共交通のアクセス性向上が課題となっていました。JR西日本と姫路市は2016(年12月に新駅の具体的な検討を進めていくことで覚書を締結しています。策定された「手柄山中央公園整備基本計画」では、新駅は公園北西部の新たなエントランスとして位置付けられていました。

 

 

同じ姫路市内に設置された新駅「山陽本線はりま勝原駅」の様子です。今回の新駅と同じ端上駅舎・2面2線の構成なので、手柄山の新駅も似たような姿になると思います。

駅設備の概要
橋上駅舎相対式ホーム2面(12 両対応)
旅客上家:6 両対応
エレベーター:2基
開業予定:2026年 春

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です