MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

熊本空港アクセス鉄道は最短距離の「Bルート」を基本に検討。延長約9km、総事業費435億円で開業は最短で2033年度末



熊本空港アクセス鉄道は、JR豊肥線三里木駅~熊本空港(阿蘇くまもと空港)を結ぶ鉄道新線計画です。熊本空港は、熊本市中心部から直線距離で約15kmの位置にありますが、現在はリムジンバスが主なアクセス手段となっており、桜町バスターミナルまで約50分、熊本駅まで60分ほどかかります。県は空港アクセスを改善する為、アクセス鉄道の建設を検討しており、2019年2月21日には、JR九州と基本合意した事を発表しました。実現すれば、熊本駅~熊本空港間が約39分で結ばれます。

【出展元】
空港アクセス鉄道の実現に向けて
空港アクセス鉄道の検討に係る調査について(令和2年度検討結果)

 

阿蘇くまもと空港 旅客ターミナルビルー外観編



 

整備ルートについて



アクセス鉄道のルートはJR豊肥線三里木駅から分岐し、熊本県民総合運動公園を経由し熊本空港に至る約9kmです。途中、運動公園付近に中間駅を新設します。2019年度の調査では、A1、A2、B、Cの4つのルート案が示されていました。

 

 

最短ルートのB案を軸に調査を実施

 


熊本県は2021年6月28日に、熊本空港アクセス鉄道計画の新たな調査結果を、県議会高速交通ネットワーク整備推進特別委員会に示しました。今回の試算は、これまで示してきた4ルート案のうち、国道57号沿線の市街地を地下トンネルで通過し、県民総合運動公園付近に中間駅を設置する最短ルートの「B案」に絞って試算が行われました。県は、今回の調査結果に示した最短ルートをアクセス鉄道計画の基本に据える方針です。整備距離は全長8.8~9.0km、所要時間は三里木駅-中間駅が4.2分、中間駅-空港駅が5分、豊肥線を乗り継いだ熊本駅-空港駅を39分と見込んで居ます。

トンネル工法の見直しなどで、総事業費は前回調査から24億円少ない435億円(税別)と見込みました。一方で、建設期間は工法の見直しなどによって、当初の計画より2年延びて8年となり、開業は最短で2033年度末となる見通しを示しました。

 

 

駅部の構造と運行本数



アクセス鉄道の各駅構造ですが、起点駅は現状維持を前提に「地平駅」とし、乗換え利便性を考慮した「島式ホーム」となります。対面乗換を踏まえ、新しいホームを新設し既設ホームとの間に空港アクセス線を配線します。新たに整備する中間駅及び終点駅は「高架駅」で、県民総合運動公園に近く突発的な利用者の増加が想定されるため 「相対式ホーム」となります。終点駅は、空港ターミナルビルとの接続を考慮し、「櫛形ホーム」となります。

 



想定される運行本数は、現行の豊肥本線運行列車との接続パターンに基づき検討した結果、可能な運行本数は片方向あたり49本/日となりました。朝5時台から翌24時台までの20時間での 1時間あたりの平均運行本数は2.5本/時となります。

 

 

 

事業採算性について


空港アクセス鉄道のイメージ。写真は仙台空港駅。

事業の収益性については、2033年度末に開業し、運行本数を1時間に2.5本、三里木駅-空港駅の運賃を片道420円と想定。運賃や乗り換えの負担感などを考慮し、利用者数を昨年6月に公表した1日7500人から5千人に下方修正した結果、累積収支の黒字転換は従来の「開業2年目」から「開業33年目」へと大幅に遅れる見通しとなりました。

収支予測は、国と県が補助率を事業費の3分の1まで引き上げ、豊肥線でアクセス鉄道とつながるJR九州も最大3分の1を資金拠出する前提でシミュレーションされました。しかし、現状の国と県の補助率はそれぞれ18%が上限となっており、JR九州の負担を加えても、事業主体となる第三セクターは開業40年後までに黒字化できないとの事です。

事業効果を金額に換算し、投資額で割った「費用便益比」は30年間で1.04となり、国の予算化の目安となる1を上回りました。県は、建設投資などが発生する整備段階で632億円、開業後も企業誘致などを念頭に毎年990億円の経済波及効果が見込まれると試算しています。

仙台空港駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です