MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

福岡地下鉄 七隈線に新型車両「3000A系」4編成を導入!中間新駅は「櫛田神社前駅」に決定!



福岡市交通局は2021年7月1日に、福岡地下鉄 七隈線延伸に伴って新型車両「3000A系」を導入すると発表しました!

福岡市交通局は地下鉄 七隈線を天神南駅から約1.4km(営業キロ約1.6km)延伸し、博多駅まで結ぶ延伸計画を進めていますが、それに伴い、「3000A系」を4両×4編成導入する事になりました。3000A系のAはAdvancedを意味しています。新幹線のN700Aと同じですね。エクステリアデアインは七隈線のラインカラーである「グリーン」と、七隈線延伸により福岡空港とつながることをイメージした「スカイブルー」の2色を基調しており、それぞれ「福岡市地下鉄 3 路線のネットワーク化の象徴」「アフターコロナのまちの発展を支える地下鉄の象徴」といった意味が込められています。

「3000A系」は2編成を2021年9月上旬~10月上旬に基地車両に搬入し、2021年冬ごろに運用を開始します。残る2編成については、2022年度に導入する予定との事です。

 

【出展元】
<< 七隈線延伸事業 >> 新車両が決定しました!!
<< 七隈線延伸事業 >> 新駅の名称が決定しました!!

アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!

 

 



インテリアデザインは博多駅への延伸をイメージできるよう、博多織の五色献上色である「紫」「青」「赤」「黄」「紺」をイメージし、櫛田の銀杏で有名なイチョウの木をイメージした明るい木目柄となりました。従来の3000系のインテリアをベースに現代風にマイナーチェンジを施した感じですね。

 

 


こちらは現行型3000系の車内の様子です。国内の車両の中でもトップクラスの素晴らしいインテリアデザインだと思います。

 

 



両先頭車両は、座席を7人掛けから5人掛けに短縮して出入口スペースを拡大することで乗降をしやすくするほか、優先席に立通常座席より60mm高くした『立ち座りしやすいシート』を導入、優先スペースの増設、2段手すりの設置など、ユニバーサルデザインにも配慮しています。車内情報案内装置は液晶モニタを使用していますが、設置スペースの都合からおそらくハーフワイド型の小型モニタになると思います。

 

 


これは推測ですが、3000AのLEDはこんな感じになると思います。

 

 

全号車に設置される優先スペース付近の様子です。

 

 

 

七隈線延伸区間に建設中の新駅の名称が決定



七隈線延伸区間に建設中の新駅の名称が決定し、中間駅(仮称) → 櫛田神社前駅(くしだじんじゃまええき )に決まりました。また、博多駅(仮称)については、そのまま博多駅 はとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です