MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

急遽開業延期となった『ウェスティンホテル横浜』の開業日が2022年6月13日に決定!



マリオット・インターナショナル、積水ハウス、ケン・コーポレーショングループが開発している「ウェスティンホテル横浜」の開業日が、当初予定の5月20日から6月上旬以降に延期する事が明らかになりました。

開業日の5月20日の翌日の21日に公式SNSで延期する事を公にし、その後にひっそりと『開業延期のおしらせ』が公開されるなど、相当な混乱状態となりました。

延期後は、6月中の開業に向けて準備が進められてきましたが、
本日(2022年6月1日)にニュースリリースがあり、2022年6月13日(月)の開業が決定しました!

【出展元】
ウェスティンホテル横浜 公式サイトより引用

【ウェスティンホテル横浜】開業日決定のお知らせ 2022年6月13日(月)、新世代の「ウェルネス」ホテルの幕開け

これまでの経緯



マリオット・インターナショナル、積水ハウス、ケン・コーポレーショングループが開発している「ウェスティンホテル横浜」の開業日が、当初予定の5月20日から6月上旬以降(詳細未定)に延期する事が明らかになりました。

現時点(2022/5/17)で公式発表はありませんが、ホテルに電話取材したところ開業延期は決定事項との事で、すでにウェスティンホテル横浜の公式サイトでは6月分の宿泊予約が出来なくなっています。

開業延期の理由は『お客様の安全に関わる設備の追加の設備点検が必要となった』為で、点検(及び改修)にどの程度の時間を要するか?所要が把握できない為に開業日が確定出来ない状況との事です。

 

 



ウェスティンホテル横浜は新築ビルに入居するので、完了検査や消防検査などの各種検査の申請・立会を行ったのちに引き渡しとなります。

今回、土壇場にきて『追加の設備点検が必要となった』理由は、何らかの検査の結果、建物設備に不備が見つかり営業が開始できない状況になったと、推測されます。『追加の設備点検が必要となった』箇所の修正内容にもよりますが、場合によっては開業までかなりの時間を要する事になるかもしれません。

また、開業予定日の3日前にもかかわらず、ホテルオペレーターや事業主から正式なアナウンスがない状況は、なかり異常と言わざる得ません。

仮に本日(2022年5月17日)に発表があったとしても、開業予定日まで3日しかないため、利用者に対して広く周知することが難しく、旅行の日程調整が出来ないユーザーや、開業延期を知らずに現地を訪れるユーザーが発生する事が考えられます。

 



いずれにせよ、ホテルの開業を楽しみにしてるユーザーや、既に予約を入れている宿泊予定者に対して、可及的速やかに『予定日に開業できない』事をアナウンスして、利用者側の被害を最小限にとどめる必要があります。

◆ウェスティンホテル横浜
住所: 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目2−8
電話: 045-577-0818
https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/tyowy-the-westin-yokohama/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です