新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

【2019年9月開催】中之島でアジア初となるサップの世界大会、APPワールドツアー大阪大会SUPオープンの開催が決定!


出展:https://www.appworldtour.com/

ウォーターマンリーグ株式会社は、2019年5月15日付けのニュースリリースで、アジアで初めてSUP(スタンダップパドルボート)の世界大会「APP WORLD TOUR CITY PADDLE FESTIVAL」を9月21日・22日に大阪・中之島公園で開催すると発表しました。

SUPとは、「Stand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)」の略称でハワイ発祥のウォータースポーツで、、サーフボードのような専用のボードの上に立ち、パドルを漕いで水面を進んでいく新感覚のアクティビティです。SUPは、浮力が高く安定感のある専用ボードを使用するため、すぐに立てるのが特徴で性別や年齢を問わず初心者でもすぐに楽しめる事や、全身の体幹やバランス感覚を鍛えられることから、エクササイズ効果を求め始める人も多いそうです。

【出展】
APP World Tour OSAKA
SUP(スタンダップパドルボート)の世界大会がアジア初上陸、 大阪・中之島で「川」を舞台に開催・参加者募集! 大阪から世界へ!

 

 

 

 



APP WORLD TOUR CITY PADDLE FESTIVAL (エイピーピー・ワールドツアー・シティパドル・フェスティバル)は、2009年、元プロウィンドサーフィンのトリスティ ン・ボックスフォード氏を中心にスタートし、世界から選抜されたスタンダップパドル(以下、SUP) のプロ選手、男女合わせて48名(2019年3月現在)が世界を転戦するワールドツアー で、ISA(国際サーフィン連盟)が公認するSUPの世界公式大会です。

 

 

 

 

 


出展:https://www.appworldtour.com/

APP は、SUPの認知度をより広げるために、2017年からこれまでのビーチでの大会開催から、世界各地のアイコニックな都市の「川」を大会に選ぶスタイルを導入し、ロンドン(テムズ川)、NY(ハドソン川) パリ(セーヌ川)など都市型のSUP大会を開催し、各国で大きな話題を集めました。大阪大会は、アジア初の世界大会となることから、世界各地の熱い視線が水都・大阪に集まることになりそうです。​

 

 

 

IMG_3939.jpg

ロンドン(テムズ川)、NY(ハドソン川) パリ(セーヌ川)、そして大阪(堂島川・土佐堀川・大川)。名だたる世界都市に並んで大阪にこのような世界的なイベントがやってくる事は少し誇らしいですね。

3 Comments

副首都

ロンドンやNYとような世界都市と同じ扱いで開催なんてええんかなと驚くわな。
なんで東京の隅田川にしなかったのか、違いは何だろう。
大阪は世界では超有名なのに、国内では国民からは東京の足元に及ばない地方中核都市扱い。
三年前までは日本の超有名知識人達は大阪は外国人観光客が来ないし、観光都市でないからIRは絶対無理と断言していたが、今や世界から外国人観光客が押し寄せ、リピート率の高い世界トップ級の観光都市になり、IRの大手各社が絶対成功すると断言する始末。
笑うしかないほど面白い。

三刀流

セーヌ川―大川(江戸堀川、堂島川)、シテ島ー中之島、凱旋門―梅田スカイビル、エッフェル塔ー通天閣、モンマルトルー六甲山(遠いですが)、オペラ座ーフェスティバルホール、ベルサイユ宮殿ー京都・奈良、コンコルド広場-ウメキタ二期
ひどいこじつけもありますが、大阪はパリに負けない街になりつつあると妄信しています。

神奈川県人

この大会が中之島に決まって良かったです。 より大阪から「日本初」・「世界初」の試みを増やしていけば
否応なしにも注目されますからこれからも期待したいです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です