【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

京阪神ビルディングがOBPに建設するデータセンター(仮称)京阪神 OBPビル の概要が判明!



京阪神ビルディングが富士通から2017年3月1日に取得したOBPの開発用地に関する続報です。同社は2018年5月10日付のニュースリリースで、大阪地区でのデータセンター(DC)ビルの旺盛な需要に応えるため、西心斎橋ビルに続く都心型DCビルとして、同社が培ったノウハウを結集し、最高水準の安全性・信頼性・効率性を備えたグローバルで通用するDCビルを建築すると発表、計画の概要及び完成予想パースが公表されました。

 

【出典元】
京阪神ビルディング>固定資産の取得(建築)に関するお知らせ
日経不動産マーケット情報>【売買】富士通から6600m2の開発用地、京阪神ビルディング


 

【過去記事】
「京阪神ビルディング」が富士通から取得したOBPの開発予定地でボーリング調査が始まる!
大阪の副都心OBP(大阪ビジネスパーク)の用途拡大を決定!学校、病院、ビジネスサポートとしての居住施設が可能に!
「京阪神ビルディング」が富士通からOBPの開発用地を取得、データセンターを主用途とするビルを建設へ!

※JUNKさん、ひでゆきさんから情報を頂きました、ありがとうございました!

 

 

 

 



長らくコインパーキングとして使用されてきたこの計画地は、駐車場の新規月極契約が2月で打ち切りになり、3月には計画地の真ん中付近でボーリング調査が行われていました。近々、計画概要が発表されると思っていましたが、ついに概要が明らかになりました!

 

【計画概要】
計画名称:(仮称)京阪神 OBPビル
所在地: 大阪市中央区城見2丁目2番7
階数:地上15階
高さ:100m弱
敷地面積:6,671.94㎡(2,018.25坪)
延床面積:40,025.00㎡(12,107.56坪)(予定)※オフィスフロアは、ワンフロア2300㎡程度
取得額:建築・設備総額 約280億円(予定)
資金計画:借入金および自己資金等により充当
着工:2019年2月下旬予定
竣工:2021年2月下旬予定

 

 

 

 

 

 



今回発表された完成予想パースを見るとかなりカッコイビルになりそうです。現在、OBPでは読売テレビ新社屋が建設中ですが、(仮称)京阪神 OBPビルが完成するとOBPの大きな空き区画が無くなり、OBPエリア全体が完成する事になります。

今後は(仮称)京阪神 OBPビルに隣接する富士通関西システムラボラトリが他のビルに比べて高度利用されていない様に思えるので、再開発されるのでは?と密かに期待しています。

 

4 Comments

アリー my dear

ついにデザインがこれにて判明しましたね(╹◡╹)なかなかいい感じです( ◠‿◠ )

匿名

かっこいいデザインですね
敷地面積が大きめなので150m超えて欲しかったです(笑)
次に期待ですね

再都市化大ファン

ついに区画が埋まりましたね。環状線の東側も一体的な開発が広がればいいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。