【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

「フェアモント東京」アコーのラグジュアリーホテルブランドが日本初進出!東京「芝浦プロジェクト」S棟に2025年度開業予定



野村不動産とアコーグループは、国家戦略特別区域計画の特定事業である、東京「芝浦プロジェクト」において、欧州最大手のホテルグループであるアコーのラグジュアリーホテルブランド「フェアモント」の日本初進出が決定したと発表しました!ホテル名称は「フェアモント東京」で、開業は2025年度を予定しています。

【出展元】
「フェアモント東京」 芝浦・浜松町エリアに 2025 年度開業

 

 



「フェアモント」は1907年の創業以来、世界に80を超えるホテルを展開しており、
歴史と伝統を持ち地域から敬愛されるホテルとして知られていますが、日本へは今回初進出で、アコーにとって国内初のラグジュアリーホテルとなります。

海外においては、「フェアモント サンフランシスコ」、「ザ プラザ ニューヨーク」、「ザサボイ ロンドン」をはじめ、世界的に高い評価を受けるホテルコレクションで、地域の歴史や文化に根ざしたゲスト体験を提供しています。

 

 



「フェアモント東京」は、ツインタワーの複合開発である「芝浦プロジェクト」のS棟上層階に入居し、スイートを含む全219室のゲストルーム、3つのレストランとバー、スパ、フィットネスセンター、プール、バンケット、カンファレンス、チャペルを備える予定です。インテリアデザインには、世界各国で数多くのラグジュアリーホテルを手掛けるBAR Studioを起用。今回の「フェアモント」進出により、国際都市・東京のさらなる賑わい創出と国際競争力の向上を目指すとしています。

 

 



「フェアモント東京」が入居する「芝浦プロジェクト」は、野村不動産と、JR東日本が共同で推進している国家戦略特別区 域計画の特定事業で、浜松町ビルディング(東芝ビルディング)の建替事業として、区域面積約 4.7haに、高さ約 235mツインタワーを建設し、オフィス・ホテル・商業施設・住宅を含む延床面積約 55 万㎡を建設する大規模再開発計画です。「フェアモント東京」が入居する「S棟は2025 年 2 月竣工予定、N棟は2030 年度に竣工する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。