MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

御堂筋のルイヴィトンは『メゾン』!ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋は2020年2月1日にオープン!

「ルイ・ヴィトン」は大阪・心斎橋筋2丁目の御堂筋沿いに地上7階建ての複合ビル『(仮称)大阪Mプロジェクト』の建設を進めていますが、日本最大の店舗で世界初のカフェ&レストラン併設店となる『ルイ・ヴィトン御堂筋店』が2020年初旬にオープンする事が明らかになりました。建物のファサードは国内外のルイ・ヴィトン店舗を手掛けてきた青木淳氏が担当し、店舗内装は世界的なブランドの建築設計で知られるニューヨークの建築家、ピーター・マリノ氏がデザインします。

この場所は、元々はみずほ銀行心斎橋支店があった場所で、リーマンショック前の2006年頃にルイ・ヴィトンなどのブランドを展開するLVJ(ルイ・ヴィトン・ジャパン)グループが約100億円で取得しました。面積は約750㎡、坪単価が4000万円を超える高額取引だった為、当時話題を呼びました。一時はルイ・ビトンの仮設店舗がありましたが2016年に解体され更地になっていました。しばらく動きが無かったこの場所ですが、2018年06月に工事に着手し再開計画が動き出しました。

  ファサードは、かつては海の街だった大阪の歴史をほうふつとさせる菱垣廻船(ひがきかいせん)の帆から着想を得ています。  

CREAが伝える所によると、御堂筋に新しくできるルイ・ヴィトンの店名は「ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋」で2020年2月1日にオープンするとの事です。

 

6 COMMENTS

ロング

>福島区民さま
ご指摘頂きありがとうございました。タイトルを訂正しましたのでご確認下さい

三刀流

サジャさん。品揃えなどで一般店舗とは違う、グレードの高い旗艦店のことですね。ありがとうございました。
ストリートとしての御堂筋の価値が高まりそうですね。

サジャ

フルライン揃っていて、文化的要素を含んだ旗艦店の事らしいですが・・。
日本には今までたった一店舗神戸にあるだけです。
御堂筋店がメゾンだとしたら二店舗目ですね。
この個性的な外観といい、世界初のカフェ・レストラン併設の路面店である事実と言い、やはりメゾンなんでしょうね。

三刀流

シドニーのオペラハウスを連想させるような外観デザインですね。
ところで、maison(フランス語で家)がつくと何が凄いことになるのでしょうか?
ファッション業界では会社の意味もあるようですが。

福島区民

タイトルに2022年オープンになってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE