MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

近鉄が夢洲直通列車向け『可動式第三軌条用集電装置』の試作品が完成!



近鉄は2022年5月23日付けのニュースリリースで、大阪ベイエリアの夢洲から近鉄沿線各地を直通で結ぶ列車に必要な「可動式第三軌条用集電装置」の試作品が完成したと発表しました!

ベイエリアの夢洲では統合型リゾート(IR)の整備が計画されており、MICE施設やホテル、エンターテインメント施設など、国内外から多くの利用が想定されています。また、大阪メトロは、地下鉄中央線を夢洲へ延伸する工事を進めており、近鉄は地下鉄中央線と相互直通運転を行う近鉄けいはんな線から近鉄奈良線を経て、同社沿線各地へ直通で結ぶ列車を計画しています。

 

【出展元】
夢洲直通列車向けの集電装置の開発について 

 



 

これまで、大阪メトロ中央線・けいはんな線(台車の集電靴から集電)と、近鉄奈良線(屋根上のパンタグラフから集電)は、集電方式が異なることから、これまで直通運転は不可能と思われていました。

そこで、近鉄と近畿車輛、Schunk Transit Systems GmbH、シュンク・カーボン・テクノロジー・ジャパン、ニシヤマは、2つの異なる集電方式への対応を可能とする、可動式第三軌条用集電装置の開発を進め、この度試作品を完成させ、各種試験に着手する事になりました。

 

 


新たに開発する可動式第三軌条用集電装置は、集電装置を台車枠下に配置し、第三軌条方式の区間では集電靴から集電を行い増す。また、架空電車線方式の区間では、走行に支障する集電靴を折り畳み、収納する機能を備えています。

近鉄は、直通列車の実現により、「夢洲から沿線各地に誘客を図ることで、沿線地域の観光振興に貢献したい」考えを示しました。また、2022年52527日にインテックス大阪で開催される「鉄道技術展・大阪」の近鉄ブースにて、可動式第三軌条用集電装置のパネル展示を行うとの事です。

 

これまでの経緯

近鉄が奈良から夢洲への直通計画で大阪メトロ中央線への乗り入れ車両に「蓄電池車両」の導入を検討。



特急「あやかぜ」?近鉄が夢洲―伊勢志摩に直通特急 国際リゾート化を図る戦略か

6 COMMENTS

さんたん

改めて中央線だけでも、堺筋線のように架空電車線方式にするべきだった。そしたら京阪の大和田~森ノ宮間の新線も出来て、中央線と相互直通運転してたかもしれない。もしそうなっていたら中之島線も変わっていたかな。

パンタグラフがどのようにして嵩低に折りたためるようになっているのかの構造を知りたい。

屋根に設置されるパンタグラフはどのような構造で嵩低にされるのでしょうか。

ガンマ

第三軌条方式。
久々に聞きました。
(子供の乗り物図鑑で知りました)
o( ̄┰ ̄)ゞ

パンタグラフがたたまれたときでも屋根から突出しないようにする機構を知りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です