【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

ゴールドウイン『GOLDWIN PLAY EARTH PARK構想』最初の開発地を富山県南砺市に決定!【2026年オープン】



ゴールドウインは、2022年1月18日付けのニュースリリースで、自然の中で遊びと学びが体験できる施設「GOLDWIN PLAY  EARTH PARK」の事業構想を発表しました!

ゴールドウインは、同社創業の地である富山県で2026年内の開業を目指して推進しているプロジェクト「GOLDWIN PLAY EARTH PARK事業構想」について、2023年1月18日に、富山県、南砺市と共にゴールドウイン本店(富山県小矢部市)の「ゴールドウイン テック・ラボ」で記者会見を開き、最初の造園予定地を南砺市にすることを発表しました。会見では、富山県の新田八朗知事、南砺市の田中幹夫市長、ゴールドウインの西田明男 会長、渡辺貴生 社長の4者が登壇し、造園予定地や事業構想等について説明しました。

【出展元】
ゴールドウインが推進する「GOLDWIN PLAY EARTH PARK事業構想」 最初の開発地を南砺市に決定

 

 


「GOLDWIN PLAY  EARTH PARK」プロジェクトはゴールドウインの創業70周年にあたる2020年から始動。『PLAY EARTH PARK』は、スポーツの起源である遊びを通して、自然や環境との新たな関わりを生み出していく「PLAY EARTH」(=地球と遊ぶ)がコンセプト。未来をつくる子どもたちとともに、地球と遊びながら、スポーツの原体験となる公園空間をつくることを目指しています。

 



会見では、南砺市で展開する施設名称を「PLAY EARTH PARK NATURING FOREST」とすることを発表。「 PLAY EARTH PARK」は南砺市の桜ケ池周辺に開設され、山と里が交わる自然を生かし四季折々の花が咲くネイチャリングガーデンやキャンプサイトが設けられます。中では、自然を感じながら運動などが楽しめる場所となる他、子どもの遊び場として自然を体感できる遊具なども設置するとしています。

 


自然とともにある時間を楽しめる場所「NATURING GARDEN」を軸にして、ガーデンに隣接し豊かな環境の中で自然との遊びに没頭できるキャンプサイトを開設。農園では野菜を中心に栽培し、収穫されたものは施設内レストランと連携し提供されます。

アクティビティセンターでは、スポーツの原型である「自然との遊び」の体験をサポートし、周辺地域とも連携しクライミングやトレッキングなど、フィールドに合わせて想像力の赴くままに身体を動かすことができる場所を創造していきます。

「NATURING MUSEUM」は、子どもと共に文化を育む場所として、遊びと学びが横断的に体験できる施設として構想しています。屋内外で子どもの自由な遊びをサポートし、アートのインスタレーションなど、複合的な文化に触れられる場所として、子どもの創造力を刺激する施設を目指します。

「PLAY EARTH PARK NATURING FOREST」は、豊かな自然資源を持続可能に楽しめる人と自然が共生する理想的な拠点を目指しています。事業は県や南砺市と連携して進められ、今後、用地取得や造成工事に取り掛かり、2026年内の開業を予定しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。