新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

(仮称)広島紙屋町プロジェクト 11.01




(仮称)広島紙屋町プロジェクト
は「広電ビル」、「広電ビル別館」、「さくら広電ビル」跡地に地上14階、地下2階、延床面積約29,000㎡のオフィス・商業施設からなる複合ビルを建設する再開発計画です。 フロア構成は、地下2階~地上3階が商業施設、4階~14階はオフィスとなります。      










Untitled3.jpg

【引用元】→三井不動産ニュースリリース

【スペック】
名称:(仮称)広島紙屋町プロジェクト
階数:地上14階、地下2階
高さ:59.92m
敷地面積:2,804.84m2
建築面積:2,169.33m2
延床面積:25,239.81m2
竣工予定:2011年10月






IMG_0953.jpg

現地に掲示されていた建築計画のお知らせです。




所在地:広島県広島市中区紙屋町一丁目2番8
より大きな地図で 広島再都市化 を表示










IMG_0794.jpg

(仮称)広島紙屋町プロジェクトの建設地は、広島都心のヘソにあたる紙屋町交差点に面する立地なので、完成後は広島の新たなランドマークにる事でしょう。商業部分のテナントも気になりますね。



1 COMMENT

アイラブオオサカー

SECRET: 0
PASS: aa98a85119ba51551b31513da7cfdbfa
この紙屋町・八丁堀エリアは広島市内で一番の繁華街ですね。人通りも多く、路面電車もひっきりなしに走っていて賑やかそのもの。

地下鉄が無い代わりにアストラムラインが地下を通り、地下街もあります。ただ、デルタ地帯特有の軟弱地盤のため、建設時は極めて難工事だったと聞きます。

このビルも、高層建築ではないものの、この地域での新しいシンボリックな建物になりそうですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です