MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

放出 10.01


放出(はなてん)駅はJR学研都市線の拠点駅で大阪市鶴見区にあります。構造は橋上駅舎を持つ2面4線の地上駅。区画整理事業により駅前ロータリーが整備され駅舎も一新されました。





        
放出(はなてん)駅の乗降客数は一日30448人。自動改札機が通路しかないが意外。朝夕は混雑しそうです。
※記事中の「乗降客数」はJR西日本発表の乗車人数を2倍しました。





        
ホームです。最近のJR西日本の流儀に則ったシンプルな構成です。





        
放出駅は2008年3月15日に開業した「おおさか東線」の起点駅なので同線の電車の折り返しが行われます。写真はJR京都、神戸線から転属した201系電車。転属した全車両が体質改善工事を施されリニューアルされています。






        
おおさか東線は、放出から新大阪を経由し新大阪駅まで延伸され、なにわ筋線建設に合わせて北ヤードに新設される「北梅田駅」まで乗り入れる計画です。新聞報道によると2018年度末の開業予定となっています。延伸時には、放出駅から鴫野駅(しぎのえき)までの1.8kmが複々線化される予定です。






        
放出駅付近の超高層ビルは、このロイヤルアークグランデールタワー。再開発により駅前に建設されたタワーマンションです。

【スペック】
名称:ロイヤルアークグランデールタワー
階数:地上31階・塔屋2階・地下1階
高さ:107.37m
竣工:2004年08月
戸数:164戸





        
ちゃ色系のタワーマンション。周辺に高い建物が少ないために意外に目立っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です