【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)が入居する(仮称)御堂筋プロジェクトの状況 18.02

 th_001_201708042320096be.jpg

東京建物株式会社は、2017年08月01日付のプレスリリースで、同社が積極的に開発事業を進めている都市型ホテル開発事業の2案件のオペレーターが決定したと発表しました。1つは東京都台東区で進められる(仮称)雷門2丁目プロジェクト。オペレーターは、藤田観光で、ホテルブランドは同社が展開する「ホテルグレイスリー浅草(仮称)となります。一方、大阪御堂筋で進められる仮称)御堂筋プロジェクトのオペレーターは、株式会社イシン・ホテルズ・ グループで、ホテルブランドは同社が展開する「ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)」となります。


 

 

 

 

th_IMG_4459.jpg
【スペック】
名称:(仮称)御堂筋北久宝寺町4丁目プロジェクト
所在地大阪市中央区北久宝寺町4丁目3-1、南久宝寺町4丁目25-1
階数:地上21階、塔屋0階、地下0階
高さ:73.985m
構造:S
杭・基礎 :
主用途:ホテル、店舗、自動車車庫等
客室数:309室
敷地面積:806.93㎡
建築面積:548.81㎡
延床面積:10,716.33㎡(容積対象面積9,546.67㎡)
建築主東京建物
設計者鴻池組
施工者鴻池組
着工:2017年07月
竣工2019年02月(予定)

 

 

 

 


現地の様子です。前回の撮影が2017年12月だったので約2ヶ月ぶりの取材です。既にタワークレーンが建っており、地上部の鉄骨建方が始まっていました!

 

 

 

 


御堂筋側から見た様子です。躯体部分がハッキリと解ります。

 

 

 

 



今度は建物の裏手、西側から見た様子です。ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)は計画地の南北に既存のビルがあるので、撮影出来るポイントが少ないです。

 

 

 


最後は西側からタワークレーンを見上げた様子です。

 

 

 

2 Comments

アリー my dear

ここも含めて、あちらこちらの現場でタワークレーンと建物躯体が次々に出現してきましたね( ◠‿◠ )

匿名

中央大通りから南側の御堂筋沿いは、北側に比べて細切れ敷地が多いですね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。