【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

将棋会館建設準備委が発足、東京と大阪の将棋会館建替え構想が始動!



日本将棋連盟は、2018年6月8日に通常総会を開き、東京と大阪にある将棋会館について「会館建設準備委員会」の発足を決めました。東西の会館は建設後約40年が経過しており建替えを含め今後話し合いを進めて行くとの事です。

 

東京と大阪 将棋会館建設準備委が発足

日本将棋連盟が通常総会 委員長に羽生二冠就任
日本将棋連盟は8日、東京都内で通常総会を開き、東京都と大阪市にある将棋会館が老朽化してきたため、「会館建設準備委員会」の発足を決め、委員長に第一人者の羽生善治二冠(47)が就任したと発表した。同委員会のメンバーには将棋連盟専務理事の森内俊之九段(47)、中村太地王座(30)、久保利明王将(42)らが入った。東西の会館は建設後、共に約40年が経過。建て直すか、賃貸にするかなど白紙の状態で今後、話し合いを重ねていくという。

出典元:毎日新聞

 

 


JR福島駅北側、なにわ筋沿いにある関西将棋会館の様子です。最近の将棋ブームにより注目を集める事が多い建物です。僕は将棋は全然疎いのですが、少し前から、白鳥士郎氏のライトノベル「りゅうおうのおしごと!」にはまってしまい、この会館を見る度になんだか嬉しい気分になっていました。「ゆうおうのおしごと!」。原作小説はメチャクチャ超超面白いです!!!。アニメ版は1クールに12話の制約上、原作5巻を収めるために、原作の重要なエピソードや心理描写が相当削られており、駆け足過ぎて少々ものな足りない感じでしたが原作は本当に凄いです。ロリロリしたイラストを見て舐めてかかると(良い意味で)毒を盛られて殺されます。原作者の緻密な取材と作品に掛ける熱量が伝わってくる小説です。

 

 

 

 

 


将棋の藤井聡太七段(15)がラノベ主人公の設定を超える勢いで快進撃を続けています。また、現在、東京と大阪に続く拠点として「名古屋将棋会館」の設置案が浮上するなど、将棋界隈は盛り上がりを見せています。会館の建替えがどうなるか?は気になる所ですが、こういった文化的な拠点がある大阪に大都市として懐の太さを感じますね。

5 Comments

ぽり

囲碁の会館である関西棋院は貸ビルに移転して元のビルは賃貸になりましたので、こちらもそうゆう流れになるかも知れませんね。

返信する
ぽてちん

「賃貸」というのが気になりますね。本部がある東京の方は間違いなく建て替えるでしょうが、大阪の方はもしかすると何処かのビルに移転などという事にされてしまいそうな…嫌な予感が。羽生さん東京出身ですしねぇ(奥さんは大阪ですが)。東西の将棋界の均衡を図る上でも大阪も同じように建て替えてもらいたいです。あと東西均衡であるからには関西側に二つの会館は不必要です。

返信する
匿名

>白鳥士郎氏のライトノベル「りゅうおうのおしごと!」

気になったのでリンク先で試読してみましたが・・・出だしから躓いてしまいました。
明らかに児童ポルノ的を狙った表現にがっかり。
なんで日本の文化って、こうロリコン志向的なのだろう?
こんなの勧められても読みたくないです。

返信する
三刀流

JR福島駅界隈は地味な地域でしたが、藤井聡太七段のお陰で関西将棋会館と近くの食堂がテレビの全国ネットで流れるようになりましたね。でも、名古屋に将棋会館ができたら愛知県在住の彼の本拠が名古屋に取られそうです。彼は大阪で活躍していほしい。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。