MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

【再開発の卵】大阪メトロが難波で再開発?イチエイ総合ビル解体工事の状況 21.09



南海難波駅の北西側でイチエイ総合ビルの解体工事が進んでいます。イチエイ総合ビルは浪速区難波中1丁目に所在する、地上9 地下2階建、延べ床面積は9,275.03m2のオフィスビルで、1969年2月竣工の古参のビルです。

工事名は(仮称)難波中1丁目解体工事、発注者は大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)、解体工事の元請けは淺沼組。労災保険関係成立票によると事業期間は2021年7月1日〜2022年7月30日となっています。

 

 

 

所在地:〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中1丁目6−8

 

 

 

 

2021年9月の様子

現地の様子です。解体足場が組まれ建物全体を覆いつつあります。

 

 

 

北側から見た様子です。

 

 

 


南西側から見た様子です。

 

 


イチエイ総合ビルは、将来建設される南海・新難波駅の南端に位置しており将来的に超一等地になる可能性があります。大阪メトロですが次の投資先としてイチエイ総合ビルを選んだ理由がわかる気がします。

 

 

 


南海・新難波駅はこのあたりに設置されます。大阪メトロは中長期的戦略として、鉄道以外の収益源を増やし経営の多角化を進めています。不動産業はその柱の1つで、上本町でのタワマン開発(仮称)OMタワー上本町、同社初の商業テナントビルOsaka Metro天神橋筋六丁目ビルなどを経て、少しづつ事業を拡大しつつあります。

2 COMMENTS

さんたん

街区統合して100mを優に超えるビルが建つといいなぁ。

七味

隣の相鉄インと一緒に開発できたらよかったのにね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です