新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

近鉄が「ひのとり」「あやかぜ」を商標出願。新型名阪特急の愛称候補か?

出展元:新型名阪特急 2020年春デビュー!~くつろぎのアップグレード 名阪特急 次の時代へ~ 

近鉄は2018年1月11日付のニュースリリースで、次世代の「新型名阪特急」を新造すると正式に発表しました新型名阪特急は従来の近鉄特急のイメージを大きく覆す「深紅」の赤いボディーを纏った斬新なデザイン。先進的でスピード感あふれる形状、カラーリング(透明感のある深い赤)が特徴です。6両編成を8編成、8両編成を3編成の計72両を製造し、大阪難波~近鉄名古屋間で運行される名阪特急へ順次投入する計画で、2020年春のデビューを予定しています。

近鉄が「新型名阪特急」の投入を正式発表。次世代特急車は真っ赤な外装で従来のイメージを一新。2020年のデビューを予定!

     

出展:https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

   

近鉄は2018年11月15日に「ひのとり」を、2019年1月7日に「あやかぜ」を商標出願しています。

   

出展:https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

さらに2019年5月には「ひのとり」を思わせるシンボルマークが商標出願されました。メタリックレッドの車体にもマッチする色味ですが、これは新型名阪特急のロゴマークで、愛称は「ひのとり」になるのではないでしょか・・・?

 

 

 

 

th_IMG_4633_201409271404303a1.jpg

新型名阪特急は2020年春にデビューする予定なので、そろそろ具体的な情報が出てくる時期だと思います。愛称については「アーバンライナー」が定着しきっているので、できれば、甲特急が「アーバンライナー・ひのとり」、乙特急は「アーバンライナー・あやかぜ」といった名称にしてくれると嬉しいです。

 

 

4 COMMENTS

おろろN

「ひのとり」は名阪甲特急の名称に決まりましたが「あやかぜ」の名称は何に使用する予定なんでしょうか。

三刀流

近鉄は品川ー名古屋間のリニア開業による特需を狙っているのでしょうね。東京方面へ行くのに名古屋で乗り換えるなら少し時間がかかっても新幹線より安い近鉄で行こうとする客が増えるのでは?特に大阪の南方面は。
名古屋ー奈良、名古屋ー京都の観光特急も走らせるかも知れません。次世代特許車両はそんな狙いを感じます。

生駒府民

手塚プロ方面は大丈夫なのだろうか?
これぐらいならセーフなのかな。
むしろタイアップとかして欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です