MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

南海電鉄-駅別乗降客数ランキング ベスト50【2018年最新版】


駅別乗降客数ランキングが予想外に反響が大きくて驚いています。というわけで今日は京阪電鉄の駅乗降客数ランキングをご紹介したいと思います。データはアド南海の広告媒体資料にある「乗降人員」の数値を元にしており、2018年度の1日平均の値です。

【出展元】
アド南海>乗降人員

 

 



数字を見ると、難波駅が25.5万人でダントツの1位。2位が新今宮の9.6万人、3位が天下茶屋の7.4万人となっています。特に1993年に堺筋線が延伸した天下茶屋駅の伸びが著しく、開業前の1.7万人から2018年は7.4万人に激増しました。天下茶屋で堺筋線に乗り換え都心に向かう新たな人の流れが生まれた為です。

しかし、その影響はメインターミナル駅である難波駅の利用者減の大きな要因になっており、難波駅の乗降客数はピークだった1986年の42.4万人から徐々に減少に転じ、1993年の堺筋線の天下茶延以降は減少速度が加速、2018年は25.5万人まで減りました。大阪圏のワーカーの減少による社会情勢の変化が最大の要因ですが、堺筋線の延伸が難波の利用減の大きな要因になってると思われます。

 

 



また、南海の子会社になった泉北高速鉄線の各駅の利用者の多さも目を引きます。泉ヶ丘が4万人、泉中央、光明池が3万人となっており立派な数字だと思います。高野線は北野田(3.3万)、金剛(3.3万)、河内長野(2.7万)の用者が特に多く、通勤圏の奥深さが垣間見えます。南海本線は好調だった関空アクセス需要により関西空港駅の伸びが著しいです。

 

駅名乗降人員路線所在地
1難波255,598南海線大阪
2新今宮96,624南海線大阪
3天下茶屋74,719南海線大阪
4中百舌鳥63,655泉北高線・高野線大阪
5堺東59,855高野線大阪
6泉ケ丘40,811泉北高速線大阪
7三国ケ丘40,342高野線大阪
838,564南海線大阪
9関西空港35,388空港線大阪
10北野田33,989高野線大阪
11金剛33,341高野線大阪
12和泉中央33,206泉北高速線大阪
13光明池30,453泉北高速線大阪
14泉大津29,199南海線大阪
15河内長野27,511高野線大阪
16深井25,811泉北高速線大阪
17泉佐野24,360南海線大阪
18岸和田24,104南海線大阪
19羽衣22,227南海線大阪
20貝塚20,205南海線大阪
21栂・美木多19,488泉北高速線大阪
22初芝17,122高野線大阪
23和歌山市16,723南海線和歌山
24春木14,694南海線大阪
25三日市町14,668高野線大阪
26石津川14,326南海線大阪
27千代田13,988高野線大阪
28北助松12,485南海線大阪
29住ノ江12,219南海線大阪
30りんくうタウン11,984空港線大阪
31七道11,367南海線大阪
32白鷺10,524高野線大阪
33尾崎10,203南海線大阪
34高石10,131南海線大阪
35忠岡9,497南海線大阪
36大阪狭山市9,431高野線大阪
37和歌山大学前9,361南海線和歌山
38住吉大社9,033南海線大阪
39浅香山8,617高野線大阪
40我孫子前8,483高野線大阪
41沢ノ町8,303高野線大阪
42林間田園都市8,161高野線和歌山
43樽井7,967南海線大阪
44橋本7,942高野線和歌山
45帝塚山7,835高野線大阪
46諏訪ノ森7,810南海線大阪
47萩原天神7,523高野線大阪
48岸里玉出7,031南海線大阪
496,647南海線大阪
50住吉東6,484高野線大阪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE