【再都市化ナレッジデータベース】

北神急行線が市営化。神戸市営地下鉄と一体運行し三宮〜2020年谷上間の運賃はほぼ半減へ【2020年6月から】


国土交通省近畿運輸局は2020年3月4日に、北神急行電鉄北神線の神戸市への譲渡申請を認可しました。譲渡日は6月1日を予定しており、北神線は神戸市営地下鉄西神・山手線と一体的な運行が始まります。北神急行の市営化は、高額な運賃を引き下げ、神戸市北部の人口減に歯止めをかけるのが狙いです。公共交通機関の民営化が各地で進む中、こうした理由による私鉄の市営化は全国でも異例の事です。

【出展元】
→神戸市>大幅に前倒しして来年61日の実施を目指します!!
北神急行線と市営地下鉄との一体的運行(市営化)について

 

譲渡区間は北神急行線 谷上~新神戸間(7.5km)、譲渡金額は198億円。⼀体的運行後の料金は、⾕上駅から三宮駅を現⾏の550円から約半額となる280円を予定しています。中々インパクトのある価格改定が行われる予定です。

 

 

 


北神急行は1998年に、ニュータウン開発の進む神戸市北区の谷上駅と中央区の新神戸駅の2駅を結ぶ路線として開通しました。約7.5kmのほとんどが六甲山を貫く山岳トンネル区間で約700億円の建設費が投じられた為、新神戸駅~谷上駅間の運賃は360円、三宮駅~谷上駅間が540円と高額となり利用低迷していました。市営化に伴う一体運用により、三宮駅~谷上駅間の運賃が半額の280円に引き下げられる事で、1日あたり6000人の乗客増を見込んでいます。

1 COMMENT

佐伯虎

「三宮駅~谷上駅間が540円と高額となり利用低迷していました。」
この区間は550円です。
しかし神戸市は1日あたり6000人の乗客増を見込んでいますか。
(例:6000人の自動車利用者→電車利用者に切り替わる?)
個人的に今後を大変注目して参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です