新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

【2019年秋開館】大阪市「(仮称)こども本の森 中之島」の建設状況 19.03


(仮称)こども本の森 中之島は、大阪市の中之島公園内に建設される図書施設です。建築家の安藤忠雄氏が2017年9月に「施設を設計・建設し、市に寄付したい」と吉村洋文市長に申し入れました。「(仮称)こども本の森 中之島」は、本の楽しさや芸術文化の魅力を発見する「知の森」として位置づけ、主に乳幼児から中学生の利用を想定。蔵書は2万5千冊で、作家や著名人が幼少期に影響を受けた本のコーナーも設けられます。2019年秋に開館する予定です。

 

 

 

大阪市は27日、建築家の安藤忠雄氏が同市北区の中之島公園内に建設する図書施設「こども本の森 中之島(仮称)」の基本方針案をまとめた。本の楽しさや芸術文化の魅力を発見する「知の森」として位置づけ、主に乳幼児から中学生の利用を想定する。蔵書は2万5千冊で、作家や著名人が幼少期に影響を受けた本のコーナーも設ける。2019年秋の開館予定。

出典元:日経新聞>こども本の森 計画案まとまる 大阪市、蔵書2万5千冊

 

 

【2019年秋開館】大阪市「(仮称)こども本の森 中之島」の建設状況 19.02



 





 

 

 

 

 

 

 



施設は3階建てで延べ床面積は約800㎡です。壁一面に本棚を設置し、子供が絵本や伝記、科学、芸術などの本を自由に手に取り、同公園内など好きな場所で読めるようになります。入場無料ですが本の貸し出しは行いません。施設の準備資金や運営経費は市民や企業から募るとしており、市は同日、18年3月末時点で3億円強の寄付が集まったと公表。19年1月末に2億円としている目標を大きく上回りました。

 

 

 

 

 

 

 


現地の様子です。計画地は京阪中之島線の「なにわ橋駅」出口のそばです。

 

 

 

 

 

 

 

反対側から見た様子です。

 

 

 

 

 

 

ハイアングルで見た内部の様子です。基礎がかなり進みました。

 

 

 

 

 

 

大阪市は中之島公園内に建設中の子供向け図書施設「こども本の森 中之島(仮称)」周辺の車道、中之島通りの中公会堂前~堺筋に至る約150m歩行者空間とするよう大阪市が検討しており2020年03月までに歩道化する方針です。上の写真の車道が全て歩道になります。

 

 

 

 

 

 

最後は中之島のランドマーク「大阪市中央公会堂」の様子です。

3 Comments

アリー my dear

ニュースにも出ていましたが、この施設を建てるために集まった寄付金は5億円を超えたそうですね。
すごいことだと思うと同時に、大変うれしいです。

ひでゆき

大阪市のサイトには開館予定日が2020年3月1日となってます。

ぽり

業務の中の一部として各地の図書館の備品や特殊設備の設計製作をさせていただいております。この図書館が建設されるに至った経緯については公示中につき反目する当事者2名が出馬中につき控えますが(業務上知り得た情報ではありません)、公示期間中でも言える事としては書籍を寄付するにあたり注意として、大人数での読み聞かせ用の大型絵本はこのグリッドに入らないので一般的なサイズをご用意下さい。他に廃架出来る場所も無いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です