新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

【2020年3月開館予定】大阪市「(仮称)こども本の森 中之島」の建設状況 19.11


仮称)こども本の森 中之島は、大阪市の中之島公園内に建設される図書施設です。建築家の安藤忠雄氏が2017年9月に「施設を設計・建設し、市に寄付したい」と吉村洋文市長に申し入れました。「(仮称)こども本の森 中之島」は、本の楽しさや芸術文化の魅力を発見する「知の森」として位置づけ、主に乳幼児から中学生の利用を想定。蔵書は2万5千冊で、作家や著名人が幼少期に影響を受けた本のコーナーも設けられます2019年秋に開館する予定でしたが少し遅れ、2020年3月にスケジュールが変更されました。


大阪市は27日、建築家の安藤忠雄氏が同市北区の中之島公園内に建設する図書施設「こども本の森 中之島(仮称)」の基本方針案をまとめた。本の楽しさや芸術文化の魅力を発見する「知の森」として位置づけ、主に乳幼児から中学生の利用を想定する。蔵書は2万5千冊で、作家や著名人が幼少期に影響を受けた本のコーナーも設ける。2019年秋の開館予定。

出典元:日経新聞>こども本の森 計画案まとまる 大阪市、蔵書2万5千冊

【過去記事】
大阪市「(仮称)こども本の森 中之島」の建設状況 19.09
大阪市「(仮称)こども本の森 中之島」の建設状況 19.08
大阪市「(仮称)こども本の森 中之島」の建設状況 19.03
大阪市「(仮称)こども本の森 中之島」の建設状況 19.02
大阪市「(仮称)こども本の森 中之島」は2019年秋の開館予定。建築家の安藤忠雄氏が建設し大阪市に寄付する意向!







 



施設は3階建てで延べ床面積は約800㎡です。壁一面に本棚を設置し、子供が絵本や伝記、科学、芸術などの本を自由に手に取り、同公園内など好きな場所で読めるようになります。入場無料ですが本の貸し出しは行いません。施設の準備資金や運営経費は市民や企業から募るとしており、市は同日、18年3月末時点で3億円強の寄付が集まったと公表。19年1月末に2億円としている目標を大きく上回りました。

 

 

 

 

2019年11月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年9月だったので、約2ヶ月振りの取材です。養生ネットが取り払われ建物全体が姿を現していました!

近くで見た様子です。安藤忠雄氏らしいコンクリート打ちっ放しの外観ですが、曲線を多用しており温かみのあるデザインに仕上がっています。

 

 

 

 

南側から見た様子です。

 

 

 

 

西側エントランス付近の様子です。

 

 

 

 

撮影ポイントを変えて、東側から見た様子です。

 

 

 

 

北側壁面の様子です。メチャ良い感じです。

 

 

 

うーんThe・安藤忠雄な眺めです。

 

 

 

 

最後は少し離れて見た様子です。隣接する京阪中之島線の出口の「R型の屋根」と連続性を持たせたデザインになっているのは流石といった感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です